ライフ

越後の龍!上杉謙信の立派な人になる為の名言5つ

越後の龍、上杉謙信の立派な人になる為の心得5つ

武田信玄のライバルとして有名な上杉謙信をあなたは知っていますか?大河ドラマにもなったりして知っている人も多いと思いますが、戦国武将の中でも特別信心深く、宗教色が強い戦国武将の一人です。

しかしそれ故、人として立派であろうとしたことを示した名言を上杉謙信は多く残していますがご存知ですか?

人の上に立つ者の一言

「人の上に立つ者の一言は、深き思慮を伴っていなければならない。軽率な発言などもってのほかである。」

最初にご紹介する名言はこちら。この名言は上杉謙信が自分自身にも言い聞かせていたのだろうと言えるものです。上杉謙信は自分にはもとより、部下に対してもとても厳しくもあったと言います。

しかしでは何故家臣のためを思う戦国武将であったとされているのかと言うと上司として自分のした決定に対して責任を持ち、その決定をするにあたって深い思慮を巡らしてしていたからだと言えるでしょう。

いい加減なこと言う上司や適当な事をする上司に誰がついて行きたいと思うのでしょうか?部下は勿論、自分の姿を何かの面で「上」と見る人がいる以上そうであってはいけませんね。

1つ1つに全力を注ぐ

「信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなくのちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。」

次に御紹介する名言はこれ。ライバル武田信玄をとても意識した発言です。もっと分かりやすくこの名言を説明すると、「武田信玄はあくまで自分の支配する土地を増やすことを第一に考えているから次の戦の事も考えている。でも自分は違う、自分の利益のために何かをするのではなく、やるべきこと一回一回に全力で当たるだけだ。」というもの。

仕事にしても、家事にしても自分の事をどうしたって中心に物を考えるのは普通の事。場合によっては手を抜いたり、見てみぬ振りをする事だってしてしまいます。でも立派な人になりたいのであればやるべきことには全力で当たれ、とこの上杉謙信の名言は教えてくれます。

敵に塩を送る

「我は兵を以て戦ひを決せん。塩を以て敵を屈せしむる事をせじ。」

この上杉謙信の名言は皆が知っているとある言葉の基になった名言です。この名言の意味としては「戦場と言う場所でしか敵とは戦わない。塩を送ることに戦略的な意図はない」と言うものです。

この名言が生まれた背景にも上杉謙信のライバル武田信玄が関係しており、武田信玄が治める土地は海に面してはいないので、塩と言う物資は非常に重要なものでした。そしてそこで敵対勢力が武田領に塩を搬入することを禁止すると言う策に出ました。

しかし上杉謙信はコレに対して激怒。「塩がなくて困るのは兵だけではなく関係のない民も一緒。武田信玄のところに塩をウチから送れ!」としてこの名言を残しました。

この名言で生まれた言葉こそが「敵に塩を送る」と言う言葉です。名言の生まれたエピソードの時のように、関係のない人まで巻き込んで相手に何かするのではなく、正々堂々と生きていくのが立派な人と言うものだとこの上杉謙信の名言は教えてくれます。

人に恥じることない生き方

「武士の子は、十四、五歳の頃までは、わがままであっても勇気を育て、臆する気持ちを持たせぬようにせよ。勇気のある父を持つ子は臆する心を持たぬ。父は常々この道を説き諭すことが大事である。」

最初の言葉を見るだけだとこの名言、上杉謙信の子育てについて語った言葉であるようにも思えますが、そればかりではない名言です。つまり、上杉謙信が最もこの名言で伝えたかったことは人に恥じることない生き方を自分でして示して生きろと言うものです。

子供に関してもそうですが、人は憧れの人や目指す人の姿を真似て成長します。自分がそうした自分についてきてくれる大事な人に立派な人になって欲しいと思うなら、自分が立派でありなさい。という事をこの名言で上杉謙信は語っています。

子供や部下を叱ったり怒ったりする時、自分はそんな事をしていないと胸を張っていつもいられますか?立派な人なら先ずは自分が人に何かを言える状態でいないといけません。

大事なのは義理の二字である。

「大事なのは義理の二字である。死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、主人に先立つ、これこそ武士の本意である。」

最後は上杉謙信を語る言葉である「義」と言うものにちなんだ名言をご紹介します。別にこの名言は死ぬのを怖がるな、主人のために尽くせ。と言ったことをいいたい名言ではありません。

この名言の「大事な事は義理の二字である」という所でいったん切れて、その後は武士としてのあり方について語られており、この名言で上杉謙信が語るのは武士の義理の果たし方

つまり「やるべきこととされている事をちゃんとやること」こそが義理の果たし方だとこの名言は教えてくれます。義理とはつまり「義」良いこと・正しいことをする「理」あるべき形・治め方の事なのです。立派な人であるというなら、「そうあるべき」とされるものは全てやるべきものですね。

ご紹介した上杉謙信の名言5ついかがだったでしょうか?驚くべきにと言うべきか、上杉謙信はコレを体現して見せていました。「毘沙門天」や「軍神」として神と言う異名がつけられるのもまた納得ですね。

本当にカッコイイモノとは立派な人の事を指し、見た目よりもその中身が重要です。立派な人目指しては見ませんか?

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!