星座

【2024年の惑星逆行開運カレンダー】惑星の神秘的メッセージとは?

惑星逆行,カレンダー
惑星の逆行をご存じでしょうか。もちろん、実際に惑星の動きが通常と逆になるわけではありません。しかし、どういうわけか、まるで逆行しているかのようにみえることがあるのです。天体観測が好きな人は、実際に目にしたこともあるかもしれませんね。

この惑星の逆行、速度や軌道が関係して起こるといわれているのですが、どちらにしろ、通常の状態と異なるのはたしか。はたしてそのとき、そこにはどんなメッセージが込められているのでしょうか。

Array

惑星の順行・逆行の意味とは?

占星術では、惑星それぞれにテーマや意味を見出しています。たとえば、火星なら勇気、水星なら知性など。通常、その惑星が順行、つまり、本来進むべき方向に動いているときは、そのテーマも順調であるととらえられます。

ですから、惑星が逆行しているときはその逆、それぞれのテーマに障害や問題が起こりやすいということ。とくに、逆行のはじまりと終わりにある、動きをほぼ止めている状態のときこそなにかが起きやすいです。ちなみに、この状態を“留<リュウ>”といいます。

惑星の逆行期間&メッセージ

障害や問題が起きやすいといわれる、惑星の逆行期間。惑星ごとに2024年のその期間と、それぞれのテーマなどをお伝えしていきます。逆行期間については、そのときその惑星がどの星座に位置しているかについてもご紹介しますね。

【水星の逆行】

・2023年~1/2…いて座
・4/2~4/25…おひつじ座
・8/5~8/29…おとめ座
・11/26~12/16…いて座

2024年、水星の逆行は4回起こります。水星のテーマは、“知性”と“コミュニケーション”。つまり、順行しているときは、頭が冴え、人間関係がスムーズにいくということ。情報の伝達もうまくいくので、グループでなにかを成し遂げるのにも向いているといえるでしょう。

しかし、2024年に4回めぐってくる逆行期間は、それらに問題が起きやすいので注意してください。頭がまわらずに見切り発車をしてしまったり、正しい情報の判断ができなかったり。また、人間関係は、コミュニケーションの行きちがいから対立が起こりやすいです。

【金星の逆行】

・なし

2024年、金星は逆行期間がありません。“愛”と“美”をつかさどる金星に逆行がないので、この年は芸術や恋愛面などを充実させやすそうですね。

【火星の逆行】

・12/7~2025年…いて座

火星の逆行は12月7日にはじまり、2025年に入ってもしばらく続きます。火星のテーマは“行動”や“勇気”なので、この期間はどうしても消極的になってしまったり、物事がうまくいかなくなったりしてしまうでしょう。また、逆に衝動が抑えられなくなり、カッとしやすくもあるので、人間関係の衝突にも注意が必要です。

【木星の逆行】

・10/4~2025年…ふたご座

木星の逆行は10月4日にはじまり、こちらも2025年まで続きます。木星のテーマは“拡大”と“幸運”なので、順行している間は努力が成長や発展につながりやすいでしょう。ただし、木星の場合、逆行しているからといって幸運の反対の不幸がやってくるのかというとそうではなく、成長のチャンスであることに変わりはありません。

ただ、外側に広がっていくのではなく、内側、内面へと重点を置くことが大切。自分自身を見つめ直して、精神的な成長を遂げましょう。

【土星の逆行】

・6/30~11/15…うお座

土星のテーマは、“構造”と“責任”です。つまり、逆行時は、いつもと比べて少しばかり軽率になりがち。6月30日から11月15日の間は、確認と振り返りを意識づけましょう。また、終わった出来事も、問題が起きていないかどうか、日が過ぎてから改めてたしかめてみることが大切です。

【天王星の逆行】

・2023年~1/27…おうし座
・9/2~2025年…おうし座

天王星の逆行は、去年から今年にかけてと、今年から来年にかけての2回あります。“突破”と“変革”をつかさどる天王星が逆行している期間は、積極的な変化が起きづらくなります。とくに、自身で行動してなにかをなそうとしてもなかなかうまくいかないので、考えかたや視点を変えるなど、思考面に重きをおくのがいいでしょう。

【海王星の逆行】

・7/2~12/8…うお座

海王星のテーマは、“夢”と“直感”です。そのインスピレーションは逆行期間も失われることはありませんが、現実との区別がつきにくくなります。すなわち、地に足がついていなかったり、無謀な目標を立てたりしがちなので注意しましょう。

【冥王星の逆行】

・5/3~10/12…みずがめ座→やぎ座

冥王星のテーマは、“変革”と“再生”です。順行時は変革を起こすための発想や、それにつながる洞察ができるのが特徴。5月3日から10月12日の逆行期間は、未来よりも過去のことを考えるのがいいでしょう。たとえば、これまでの失敗を取り返したり、自身の苦手を磨いたりするのがオススメです。

まとめ

惑星のエネルギーは、物理的な距離が近いほど各個人に届きやすいといわれています。ですから、とくに水星や金星、木星などの逆行期間は気にしておきたいところですね。ちなみに、天王星とか海王星、冥王星など距離のある惑星は集団に影響を及ぼしやすいようです。

ABOUT ME
Written by にゅや
占い歴20年のタロット占い師。カードに独自の解釈をもちいるため、占いのセカンドオピニオン的な相談を受けることも多いです。現在は新規相談休止中。所属している電話&チャット占いサービスもお休み中で、年間・月間の星座占いなどを中心に記事を書かせていただいています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

LINE友達登録