パワースポット

四谷須賀神社『君の名は。』の聖地&パワースポット!御朱印と見どころ

四谷須賀神社
四谷須賀神社は、江戸時代から四谷18カ町の総鎮守として、地域を守ってきました。それだけに新宿区四谷という都心にありながら、周辺の住宅街と溶け合って、静かなたたずまいを見せています。

その四谷須賀神社が、『君の名は。』の聖地として熱い注目を浴びているのはなぜでしょうか?四谷須賀神社の御朱印を頂いてきました。

四谷須賀神社の歴史

須賀神社・社殿
須賀神社の主祭神は、須佐之男命(すさのおのみこと)と宇迦能御魂神(うかのみたまのみこと)です。

須賀神社は、1634年(寛永11年)に、赤坂一ツ木村の清水谷にあった稲荷神社が、江戸城外堀工事のため四谷に遷座されたことに始まります。
1643年、神田明神摂社に祀られていた牛頭天王(ごずてんのう)が合祀されました。牛頭天王は、釈迦が説法したという祇園精舎の守護神でしたが、日本神話の須佐之男命と習合された神仏習合の神でした。

江戸時代は、「稲荷天王」「四谷牛頭天王社」と称されていましたが、明治元年の神仏分離によって社号を須賀神社に改めました。

社名の須賀は、日本神話において、須佐之男命が出雲の肥の川の上流で、八俣の大蛇(やまたのおろち)を退治し、櫛名田比売(くしなだひめ)を救って妻とし、出雲国須賀に到着した時に、「吾れ此の地に来たりて我が御心すがすがし」と言って、その地に宮を造ったことに由来するそうです。

四谷須賀神社のご利益

須賀神社・拝殿
須佐之男命は、荒々しい気性ですが、強く、純真な愛情を持つ神様ですので、疫病・厄除け、大地の恵みの神として四谷18カ町の地域を守り、人々の信仰を集めてきました

特に、毎年6月に行われる例大祭は、古くは、四谷の「天王祭り」といわれ、江戸の五大祭りの一つとして有名でした。現在もこの例大祭は、4日間に渡って盛大に行われ、日曜日にはお神輿の渡御もあり、四谷全体が熱くなる行事です。

もう一つ、四谷須賀神社の魅力は、多くの神々が祀られていることです。

【本殿】主祭神(須佐之男命・宇迦能御魂神)の左右に、5男神と3女神の8柱の御子
【相殿】大鳥神社(祭神は日本武命・天日鷲大神・大鳥連祖大神)大国社(祭神は大国主命)
【摂社】天白稲荷神社(祭神は、倉稲魂大命。相殿として、天照大神・応神天皇など17柱)

なんと合計32柱の神々が祀られている神社なのです。主祭神の須佐之男命だけでもパワフルな神様なのに、その他に31もの神々が祀られている神社とあって、四谷須賀神社は最強のパワースポットなのです。

このような四谷須賀神社に、新海誠監督は、『君の名は。』の重要なスポットを見出したのです。

四谷須賀神社は『君の名は。』の聖地!

須賀神社(君の名は。)出典:www.kiminona.com/

ではなぜ四谷須賀神社が『君の名は。』の聖地になったのでしょうか?

2016年8月26日に公開されたアニメーション映画『君の名は。』は、興行収入247億円(2017年3月21日現在)という大ヒットとなりました。

物語の始まりは、千年ぶりにティアマト彗星が接近する1カ月前のこと。飛騨の山深い町に住む女子高校生の宮水三葉は、生家の宮水神社の巫女でもあり、祖母と小学生の妹と暮らしています。三葉は、神社の古いしきたりの中での生活にうんざりし、「来世は東京のイケメン男子にしてください!」と願っていました。一方、立花瀧は、東京で父と暮らす高校生。レストランでアルバイトをしながら友人たちと楽しく暮らしていました。

そんな二人がある日夢の中でお互いの体が入れ替わります。三葉は、瀧の体を借りて、とまどいながらもあこがれの東京での生活を体験します。瀧も三葉の体を借りて、祖母や妹と神社や田舎の生活を体験します。

週に2、3回は起こっていた入れ替わり現象が、ある日を境にぱったりなくなります。3年の時空を超えて体が入れ替わっていた二人。ある日のかわたれどきのわずかな時間に、二人がいるそれぞれ別の時代が重なり、お互いの姿を確認した二人。しかし、そのかわたれどきが終わると、姿も名前も思い出せなくなってしまった二人。

そんな二人が大人になって、再会するのが四谷須賀神社なのです。でも、どのようにして別の時代の二人が再会できるようになるのでしょう。

ともあれ四谷須賀神社は、『君の名は。』のファンにとって聖地になったのです。

須賀神社・「君の名は。」の聖地の石段
ではなぜ、二人が再会する重要なシーンに四谷須賀神社が選ばれたのでしょうか?

三葉が暮らすのは飛騨の山深い町糸守町。コンビニもおしゃれなカフェもない田舎町です。町の人々にとって唯一の楽しみが宮水神社のお祭りです。そんな神社で三葉と妹の四葉は、祖母から仕込まれた神楽を舞い、神に捧げる「口噛み酒」を造る作法を神楽殿で披露します。そうした神社の儀式や御神体を祀る祠、お祭りの日のかわたれどきに提灯が醸し出す美しい光景、祖母から教わった組紐が三葉と瀧を結ぶ糸になるなど、神秘的でどこか懐かしい風習や光景が、多くの人々を魅了した理由の一つではないかと思うのです。

だからこそ、三葉が育った宮水神社に似た雰囲気の四谷須賀神社が選ばれたのではないでしょうか。

四谷須賀神社の急な傾斜の石段(男坂)からは、四谷の町並みが見渡せます。古くから四谷18カ町を守ってきた神社です。宮水神社も糸守の町を一望できる高台にあり、町全体を守ってきた神社でした。

須賀神社・「聖地」の石段の上で打ち合わせ?

映画はピークを過ぎたとはいえ、この日も4、5人の男子がカメラを持って、なにやら石段の上で打ち合わせをしていました。「じゃあ、俺が上から降りてこようか?」などという言葉が聞こえました。映画の続きでも作るのでしょうか。

四谷須賀神社の御朱印いただきました!扇子のおみくじも!

須賀神社・手水舎
手水舎で手と口を清め、二礼二拍手一礼してお参りをした後、社殿の右奥にある社務所のチャイムを鳴らして御朱印をお願いしました。待つこと数分。宮司様からきっちりした力強い御朱印をいただきました。初穂料は300円です。午前9時から午後5時までにお願いしてください。
須賀神社・御朱印

社殿の横におみくじが置いてありました。扇子のおみくじが珍しく、200円を料金箱に入れて引きました。「末吉」でした。扇子のおみくじは、運が末広がりになるようにとの願いが込められたおみくじなのでしょう。
須賀神社・扇子のおみくじ

絵馬は『君の名は。』の二人が再会するシーンを思い起こさせる、空の青と石段の手すりの赤い色が鮮やかな絵馬です。いい出会いが叶いそうです。
須賀神社・絵馬

その他、古くから頒布されているお守りに、11月「酉の市」の開運・商売繁盛のお守り「開運熊手守」、金銀融通のお守り「一陽来福守」(冬至から節分までの間)、厄除け開運のお守り「茅の輪守」(年間)など多数あります。

四谷須賀神社の見どころ

大国社(祭神:大国主命 おおくにぬしのみこと)

須賀神社・大国主命
社殿の左側に、須佐之男命と櫛名田比売との子といわれる大国主命が祀られた大国社があります。大国主命は、にこやかなお顔や因幡の白うさぎの話など、日本神話の中で最も親しまれている神様です。国造りを完成した後、天上界の神の要請を受け入れて地上の支配を譲りました。出雲大社の祭神、縁結びの神として広く信仰されています。

天白稲荷神社(祭神:倉稲魂大神 うかのみたまのみこと)

須賀神社・天白稲荷神社
社殿の左奥に、摂社の天白稲荷神社があります。御祭神の倉稲魂大神は須佐之男命の子で、五穀豊穣、商売繁盛の神様として信仰されています。小さなひっそりとしたお社ですが、威厳を感じさせるお社です。1945年5月24日の東京大空襲の時、本殿の御内陣とこの天白稲荷神社は焼けずに残ったのです。

三十六歌仙絵

須賀神社・三十六歌仙絵の模写
社殿の御内陣に、「三十六歌仙絵」が掲げられています。
「三十六歌仙」とは、平安時代中期の公卿藤原公任の『三十六人撰』に載った36名の優れた歌人です。1836年(天保7年)、文人画家の旗本大岡雲峰が絵を、和歌や書画で知られた公卿千種有功が書を担当して、一人一枚の絵に仕立て、奉納しました。
新宿区指定有形文化財に指定されており、社殿の左側に複製が展示されています。

町火消「く組」の火の見櫓

須賀神社・く組の火の見櫓
手水舎の左側に、「く組」という文字が書かれた火の見櫓がありました。江戸時代に構成された町火消のものでしょうか。江戸の町は火事が多いことで有名でした。267年間に大火だけでも49回、小火も含めると1798回も出火があったそうです。

もう一つの石段

須賀神社・もう一つの石段
鳥居の内側に、やや幅が広く傾斜も緩やかな石段(女坂)がありました。「家内安全」「八方百難除」などの幟が風にはためいていました。
6月のお祭りの時は、四谷18カ町連合のお神輿がこの女坂を上がって須賀神社に参集するそうです。

神輿庫

須賀神社・神輿庫
6月の例大祭で、「表」の祭りの時に、繰り出されるお神輿が安置されている倉庫です。今年は「陰」の祭りですので、ここのお神輿は出ず、四谷18カ町から繰り出される18のお神輿が参集し、お払いを受け、また各町内に帰るそうです。

アクセス

JR中央線・総武線 地下鉄丸ノ内線・南北線「四ッ谷」駅より徒歩10分
新宿通りの南側を四谷二丁目方面に進みます。ローソンストア100の角を左に曲がり、200メートルほど進むと須賀神社の石段があります。

地下鉄 丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩7分
四谷消防署を左に見て、新宿通りの南側を四ッ谷駅方面に進みます。一筋目の果実店の角を右に曲がります。その角に「須賀神社参道」の小さな立て看板があります。300メートルくらい進むと電柱に須賀神社への矢印が見えます。そこを左に曲がるとまもなく、天白稲荷神社からの入り口があります。

須賀神社
住所:〒160-0018 東京都新宿区須賀町5番地
TEL: 03-3351-7023
公式HP:http://www.sugajinjya.org/

周辺スポット:向かい合う二つのお岩稲荷!

於岩稲荷田宮神社(東京都新宿区左門町17番地)

於岩稲荷田宮神社
歌舞伎の『東海道四谷怪談』で有名になったお岩さんをお祀りしている神社です。

お岩さんは、江戸時代初期に実在した女性で、養子の夫とも仲睦まじく、夫を支え、田宮家を復興させた貞淑な女性でした。お岩さんが亡くなると、生前お岩さんが信仰していた屋敷内の社を、近隣の人々が「お岩稲荷」としてお参りするようになりました。それがこの神社の始まりだそうです。

それから約200後、江戸時代末期に四世鶴谷南北が、お岩さんを主人公にして、江戸で起こった様々な事件を織り交ぜて『東海道四谷怪談』を書きました。江戸中村座で上演されると大当たりの人気狂言となったため、お岩さんは化けて出る恐ろしい女性というイメージが定着してしまいましたが、実際は女性の鏡と言われるような人物だったそうです。

現在、田宮家十一代の方が宮司様で、招福、商売繁盛、芸能・興行の成功などに御利益があるとされています。
私がお参りした時は、宮司様御不在で御朱印はいただけませんでしたが、社殿の前に宮司様手書きの「言葉守」が置いてありました。「お好きな言葉をどうぞ」と書いてありましたので、一枚頂いてきました。
於岩稲荷田宮神社・言葉守

アクセス:
須賀神社からも近く、天白稲荷神社横の出口を出て、右へ進み、突き当たりを左に曲がり、また突き当たりを右に曲がり、一筋目を右に曲がり、しばらく進むと左側にあります。

地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目」駅からは、外苑東通りの東側を南(信濃町方面)へ進みます。三筋目コンビニエンスストアの角を左に曲がり、突き当たりを右に曲がると、右手にあります。「四谷三丁目」駅から8分ほどです。

於岩稲荷 陽運寺(東京都新宿区左門町18番地)

於岩稲荷・陽運寺
於岩稲荷田宮神社の斜め向かい側にあります。

明治時代、田宮神社が町内の火災で焼失した時、現在の中央区新川に遷座しました。その時に左門町の人々が代わりに小さな祠を祀りました。
陽運寺は日蓮宗のお寺ですが、戦後、左門町の人々が祀った祠の所にお堂を建て、お岩さんをお祀りしましたので、「於岩稲荷」とも呼ばれています。本堂にお岩さんの木像が安置されています。
於岩稲荷・陽運寺・叶玉を投げ入れる心願成就の石5169
境内には、お岩さま縁の井戸や、心を込めて「心願成院の石」に向かって投げ入れると願いが叶うという「叶玉」などがあります。
悪縁を切り、良縁を招く御利益があるそうです。
於岩稲荷・陽運寺・叶玉5186
私も「叶玉」を投げ入れ、御朱印頂きました。

まとめ

四谷須賀神社は『君の名は。』の聖地!はいかがだったでしょうか?

須賀神社の石段からは四谷の町並みが見渡せて、石段は、天上界と地上とを結ぶ役割を果たしているように思いました。そう考えると、『君の名は。』の重要なシーンにこの石段が選ばれたわけがわかるような気がします。

でも、石段だけではなく、須賀神社は、守護神として頼もしい須佐之男命をはじめ、32柱もの神々のパワーが集まっている所です。パワーを頂きに訪れてみてはいかがでしょうか。

6月2日(金)〜5日(月)にかけて行われる例大祭。特に、4日(日)の連合神輿渡御は、新宿通りの四谷四丁目から四谷一丁目まで練り歩き、ユーターンして四谷二丁目の南側(角にローソンストア100)から須賀神社の女坂を上がって境内に参集するそうです。
今年は格別の熱気に包まれることでしょう。

須賀神社・鳥居
『君の名は。』で有名な四谷須賀神社のお祭りに行ってきました! 「四谷須賀神社は『君の名は。』の聖地&パワースポット!御朱印頂きました」で紹介しました四谷須賀神社の例大祭が、2017年6月2日...
東京パワースポット 愛宕神社
小さくてもパワーあり!東京のパワースポット神社5選 東京都内にも神社が数多く存在しています。広い境内を持つ有名な神社はもちろんパワーも大きいですね。 しかし東京には小さな神社...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!