パワースポット

長野県善光寺のご利益・御朱印5つの見どころ

善光寺

長野県のお寺と言えば善光寺と言われるほど観光スポットとして有名な善光寺には、季節を問わずたくさんの人が訪れています。

善光寺はもちろんのこと、その周辺スポットも見る価値ありなので1日中でも楽しめますね。そんな大人気の善光寺のご利益や見どころをご紹介していきます。







善光寺の御朱印について特徴

善光寺
いつ訪れても人で溢れている善光寺ですが、御朱印をいただく際もやはり並ぶことになります。しかも他の寺社と比較できないくらいの長蛇の列です。善光寺で御朱印をいただく場合はちょっと覚悟が必要ですね。

そんな善光寺で御朱印をスムーズにいただくコツを紹介します。善光寺の御朱印は朝5時からいただくことができるので、朝早くを狙うのが1番スムーズです。それが難しい場合は、御朱印帳を預けてその間に参拝に行くという方法があります。ちなみに書いていただくまでに2時間程度はかかるそうです。善光寺の人気のほどが伺えますね。善光寺の御朱印は御影を含め6種類用意されています。本殿、御詠歌、山門、びんずる尊師、おやこ地蔵、御影です。

どれをいただこうか迷ってしまいそうですね。御朱印は山門をくぐって左側に「御朱印・回向受付」という建物があるので、そこでいただくことができます。善光寺で御朱印をいただく場合は時間に追われるのではなく、ゆったりとした気持ちで行くのが正解です。

善光寺の歴史

善光寺
「一生に一度は善光寺参り」という言葉で有名な善光寺の創建は飛鳥時代の皇極天皇元年だと伝えられています。しかし本堂はこれまでに間に十数回もの火災に見舞われてきました。善光寺は宗派・身分に関わらず誰でもお詣りできるお寺だったので、古来より広く庶民の信仰を集めてきました。

牛にひかれて善光寺参り…など、善光寺に関する多くの逸話も残されています。そんな広く人を受け入れてくれる善光寺への崇敬は戦国大名も例外ではありません。武田氏も善光寺を篤く信仰し、信玄の父 信虎も戦乱の中にあって2度参詣したと伝えられています。

更に武田信玄は川中島の合戦によって善光寺が焼失してしまうことを惜しみ、本尊善光寺如来をはじめとした善光寺の仏像・仏具の大半を甲府に移して甲斐善光寺を創建しました。

武田氏滅亡後、本尊は織田信長や豊臣秀吉、徳川家康といった科の歴史上の人物の手を渡って、後に善光寺へ戻されたそうです。歴史を強く感じることのできるスポットですね。

善光寺の見どころ

善光寺は人が多いので境内の散策も一苦労ですが、ここだけは外せない見どころを見ていきましょう。

御本堂

善光寺

まず「御本堂」です。善光寺の本堂は、本尊を祀る仏堂と参拝者が礼拝に訪れる礼堂が繋がった撞木造りと呼ばれる形式で建てられています。

現在の本堂は1707年に再建されたもので国宝建造物の中では東日本最大、檜皮葺建造物の中では日本最大規模となっています。また本堂の御本尊「一光三尊阿弥陀如来」は、日本最古の仏像として知られています。

お戒壇巡り

本堂に行ったら是非体験してほしいのが「お戒壇巡り」です。本堂の床下にある真っ暗な回廊を進み、御本尊の下に架かる極楽の錠前に触れると極楽に行けると言われています。

光が全くささない真っ暗な回廊には驚いてしまうかもしれませんが、心を落ち着かせて進んでみましょう。

母親の胎内を意味するという考えもあり「新しく生まれ変わる」ことが出来ますよ。

仲見世通り

善光寺の参拝が終わったら仁王門から山門まで続く、石畳の参道が続く「仲見世通り」に行きましょう。

善光寺
参道の両脇には約60店舗のお土産屋さんや飲食店、喫茶店、民芸品店などが並んでいます。名産のお蕎麦やおやきも食べることができるので、おすすめです。善光寺土産を買うのにも最適です。

善光寺のご利益

善光寺
善光寺のご利益を聞かれると「コレ」というものを言うのが難しく、それほど様々な願いを叶えてくれるお寺であることが分かります。

天の恵み

あえていうならば善光寺には極楽往生、所願成就のご利益があると言われています。

極楽往生とは、安らかに死に、極楽に生まれ変わること、所願成就とは願いを叶えることです。現世では願いを叶えることができて、亡くなってからは極楽にいけるという、なんとも素晴らしいご利益ですよね。

他にも金運、恋愛運、仕事運などそんな願い事も叶えてくれるというご利益があります。

そんな善光寺のパワースポットは上記で紹介した「お戒壇巡り」と「山門の鳩字の額」です。

5羽の鳩

重要文化財に指定されている山門には、真上を見上げると金色の文字で「善光寺」と書かれた額が見えます。

善光寺

遠目には分かりにくいのですが、この額の中には5羽の鳩が描かれているのです。

そしてその鳩をすべて見つけると幸せが訪れると言い伝えられています。よく目を凝らして幸せの鳩を探してみるのも楽しいですね。

善光寺のアクセス

・長野駅から善光寺まで約2キロ徒歩で移動可能

・長野駅から善光寺行きのバスあり

・東京方面、名古屋方面から上信越道の長野ICから約30分

・北陸方面、新潟方面から上信越道の須坂長野東インターから約30分

善光寺のおすすめ周辺スポット

善光寺はその周辺にも楽しめるスポットが満載です。

北向観音

善光寺
その一つに「北向観音」があります。

善光寺の周辺ではないのですが、善光寺のみの参拝は「片参り」と言われ実際にご利益を得るには上田市にある「北向観音」にも参拝する必要があると言われています。

これで「両参り」になるそうです。善光寺の阿弥陀如来は来世の利益をもたらし、北向観音の観音様は現世の利益をもたらすと言われています。

城山公園

善光寺の東隣にあるのが「城山公園」です。北アルプスの展望台とも言える美しい眺めが有名で、園内には展望台もしっかり用意されています。

目の前に広がる常念岳・大天井岳・燕岳の 北アルプスの山々はまさに絶景です。

更に松本市街が眼下に広がる様もおすすめですよ。

茶臼山動物園

善光寺
アクセスも良いので是非、立ち寄ってみてくださいね。可愛らしい動物を見たいという人は「茶臼山動物園」がおすすめです。

レッサーパンダがメインの動物園でその規模は園内屈指といわれています。ふわふわの毛並みと愛くるしい表情のレッサーパンダに癒されてみてください。

他にもライオンやアムールトラなどの大型動物も見ることが出来ます。

まとめ

善光寺のご利益・御朱印・見どころはいかがでしたか。

人気のお寺だけあって1日あっても足りないくらいに見どころが満載です。お戒壇巡りは特におすすめなので一度は体験してみてください。

他にも仲見世通りや周辺スポットなどワクワクできる名所がたくさんあります。家族で、友達と、カップルでもおすすめのお寺です。

▶︎長野のおすすめパワースポットはこちら

▶︎日本全国都道府県の神聖なパワースポットまとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written by
SPIBRE編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)