パワースポット

鎌倉【長谷寺】の基本情報と散策に見どころなスポットをご紹介

4番長谷寺
鎌倉の長谷寺は、坂東三十三所観音霊場の第4番札所。観音山の中腹に諸堂が広がり、木彫の仏像としては日本最大級の「長谷観音」や、由比ガ浜や三浦半島などを一望できる見晴台など多くの魅力を備えています。

四季折々の花も美しく、とくに梅雨時の「あじさい路」は人気のスポットとなっています。

あじさいの季節でなくても、散策を楽しめる長谷寺の見どころや基本情報、御朱印をご紹介します。

鎌倉長谷寺の基本情報と歴史

山号:海光山(かいこうざん)
院号:慈照院(じしょういん)
宗派:浄土宗系単立
本尊:十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜおんぼさつ)
開基:徳道上人(とくどうしょうにん)

拝観時間

拝観時間
3月~9月 8:00~17:00(閉山17:30)
10月~2月 8:00~16:30(閉山)17:00
拝観料 大人300円(小学生100円)

アクセス


長谷寺 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 TEL 0467-22-6300
・JR横須賀線「鎌倉駅」下車、バス「長谷観音」下車、徒歩5分
・江ノ電「長谷駅」下車、徒歩5分
・小田急線「藤沢駅」下車、江ノ電「長谷駅」下車、徒歩5分

歴史

4番長谷寺・タブノキ
寺伝によりますと、721(養老5)年、奈良の長谷寺の開山である徳道上人の本願により、観音菩薩と地蔵菩薩の化身と思われる2人の仏師が現れて、巨大なクスノキから2体の観音像を刻みました。1体は奈良の長谷寺の本尊となり、もう1体はこの世の生きとし生けるものを救うため、行基(ぎょうき)によって開眼供養が行われ、海に流されました。

15年後の736(天平8)年、観音像は、相模国の長井浦(現在の横須賀市長井)に流れ着きました。藤原北家の祖となる藤原房前(ふじわらのふささき)によって鎌倉へ移され、本尊として祀られたのが鎌倉長谷寺の始まりと伝えられています。

鎌倉長谷寺の散策に見どころなスポット

山門

4番長谷寺・山門
「長谷寺」と書かれた赤い大きなちょうちんと、門におおいかぶさるかのような「門かぶりの松」の色合いが美しい門です。直系40㎝の四脚門で、鎌倉市内では4番目の大きさです。

良縁地蔵(りょうえんじぞう)

4番長谷寺・良縁地蔵
本堂への石だたみの参道で、三体の小さなお地蔵様が身を寄せ合う「良縁地蔵」が迎えてくれました。「あっ、これこれ!」という声があちこちから上がり、写真を撮る人が絶えませんでした。

境内には3ケ所(あと2ケ所は、経蔵の近くと眺望散策路のどこか)にこのような良縁地蔵があり、少しずつ姿がちがうようですが、すべて見つけられると、良縁に恵まれるそうです。インスタ映えしそうですね。

長谷寺は大きく分けると、上境内と下境内からなります。観音山の中腹にある上境内の見どころから紹介します。

本堂(観音堂)

4番長谷寺・観音堂
創建は奈良時代ですが、1923(大正12)年9月1日の関東大震災で大きな被害を受けました。1986(昭和61)年、60年ぶりに、災害から保護するため鉄筋コンクリート造により再建されました。
4番長谷寺・本尊御影
本尊は、十一面観世音菩薩。右手に数珠と錫杖(しゃくじょう)、左手に水瓶(すいびょう)を持ち、岩座の上に立つ「長谷寺式観音像」と呼ばれる姿です。
錫杖は煩悩を除き、知恵を得るとされる法具で、本来は地蔵菩薩の持ち物です。この長谷寺の観音様は、観音菩薩と地蔵菩薩の功徳を併せ持つとされています。

十一面観世音菩薩は、あらゆる人々の救いを求める声・音を聞いて、その慈悲深い心で救ってくださる仏様として、古来、千手観音と並んで人気が高い観音様です。開運招福、家内安全、身体健全、厄除けなどのご利益をいただけます。

高さが9.18mもあり、最初は圧倒されますが、金色に輝く観音像を眺めているとなんともいえないありがたい気分になって、自然と頭が下がります。
一礼・合掌して「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」あるいは、ご真言の「おん・まか・きゃろにきゃ・そわか」と唱えましょう。

観音ミュージアム

4番長谷寺・観音ミュージアムの入り口
本堂の続きにあります。宝物館が改修され、2015(平成27)年に「観音菩薩」を主題とした博物館としてオープンしました。

江戸時代の造立とみられるお前立観音の「十一面観音菩薩立像」、「三十三応現身像」(鎌倉市指定文化財)、6面の「懸仏(かけぼとけ)」(重要文化財)、梵鐘(重要文化財)などが展示されています。入館料300円 9:00~16:00(16:30閉館)

経蔵(きょうぞう)

4番長谷寺・経蔵
観音ミュージアムの左手にあります。中央の輪蔵(まわり堂)に「一切経」が納められています。時計まわりに1回まわすと、一切経を一通り読んだと同じ功徳が得られるそうです。ただし、回せるのは、月に1度、18日の観音様のご縁日だけです。偶然、私がお参りしたのは11月18日でしたので、回すことができました。ラッキーでした。

阿弥陀堂(あみだどう)

4番長谷寺・阿弥陀堂
本堂の右側にあります。源頼朝が42歳の厄除けのために建立したと伝えられています。そのため、「厄除阿弥陀(やくよけあみだ)」と呼ばれています。
4番長谷寺・厄除阿弥陀
中に祀られている阿弥陀如来坐像は、鎌倉市内にあった誓願寺(現在廃寺)の本尊であったものだそうで、室町時代の制作であろうといわれています。近くの高徳院の「鎌倉大仏」などとともに「鎌倉六阿弥陀」の一つに数えられています。堂内に上がってお参りできます。

鐘楼(しょうろう)

4番長谷寺・鐘楼
阿弥陀堂の右下にあります。梵鐘は1264(文永元)年鋳造の銘があり、鎌倉市内では3番目に古いものです。重要文化財に指定され、観音ミュージアムに展示されています。現在の鐘は、1984(昭和59)年に制作されたもので、大晦日には除夜の鐘を撞くことができます。

かきがら稲荷

4番長谷寺・かきがら稲荷とかきがら絵馬
鐘楼の右下にあります。本尊の十一面観世音菩薩像が海を漂流していた間にかきがらが付着して、本尊を長井浦へ導いたという伝説があります。そのかきがらを豊楽(ほうらく)へ導く神として祀った稲荷社です。

かきがら絵馬がたくさん掛けられていました。どうぞ観音様のお導きがありますように。次は、下境内です。

地蔵堂

4番長谷寺・地蔵堂
かきがら稲荷の右下にあります。地蔵堂は、信者の発願により建立されたもので、現在のお堂は、2003(平成15)年の再建です。扇を広げたような扇垂木(おうぎたるき)の屋根が美しいお堂です。
4番長谷寺・福壽地蔵
子授け、安産、子孫繁栄のご利益があり、「福壽地蔵」が祀られています。

千体地蔵

4番長谷寺・千体地蔵
地蔵堂の横や裏には、生まれることができなかった水子の供養にと、たくさんのお地蔵様が奉納されています。さすがにこれだけずらりと並んでいると多くの人々の思いが強く伝わってきます。
4番長谷寺・水かけ地蔵
そばには水かけ地蔵もあります。願いを込めて水をかけると叶うそうです。

卍池(まんじいけ)

4番長谷寺・卍池
千体地蔵の並びにあります。「卍」は仏教で用いられる吉祥の印で、幸福のシンボルです。

幸福のシンボルの卍池に、なぜか恐ろしい奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんえおう)が座っています。左側の奪衣婆は、死後の世界の三途の川(さんずのかわ)の岸にいて、亡者の衣服をはぎとるという老女です。右側の懸衣翁は、奪衣婆がはぎとった衣服を、衣領樹(えりょうじゅ)に掛け、枝の垂れ具合によって亡者の罪の軽重を決めるという老人です。

弁天堂

4番長谷寺・放生池
山門を入って、参道の石畳を抜けると、「放生池(ほうじょういけ)」があります。
4番長谷寺・弁天堂
その池の右手に弁天堂があります。以前は、弘法大師が修行中、岩窟にこもって彫ったと伝えられる八臂の弁財天が祀られていました。
4番長谷寺・福徳弁才天
江戸時代には「出世弁財天」として知られていましたが、非公開で宝物館に収蔵されています。代わりに堂内には「福徳弁才天」が祀られています。
4番長谷寺・弁天堂の絵馬掛け所
財運招福のご利益を願う絵馬がたくさん掛けられていました。

弁天窟(べんてんくつ)

4番長谷寺・弁天窟入り口
弁天堂の右手にあります。弘法大師がこもったという洞窟で、洞窟内の壁に弁財天とその眷属(けんぞく)である「十六童子」が彫られています。弁財天と習合した人頭蛇身の宇賀神も祀られていて、強力なパワースポットです。
4番長谷寺・弁天窟出口
金運や仕事運がアップすることまちがいありません。

和み地蔵(なごみじぞう)

4番長谷寺・和み地蔵
弁天堂と大黒堂の間の道の辺に、良縁地蔵とよく似た1体のお地蔵様がいらっしゃいました。可愛らしくてうっとり見とれてしまうような、心を和ませてくれるお地蔵様です。
4番長谷寺・和み地蔵お守り
この和み地蔵にちなんだストラップを買いました。本堂の瓦を使って焼いたお守りです。ご利益ありそうです。

大黒堂

4番長谷寺・大国堂
山門の右手にあります。工事中でしたが、2間四方の寄棟造で本瓦葺のお堂です。1412(応永19)年の銘を持つ大黒天立像は非公開で、代わりに「出世・開運授け大黒天」や「さわり大黒」が祀られています。
4番長谷寺・さわり大黒
鎌倉・江ノ島七福神巡りの一つになっています。ひょうきんな「さわり大黒」にさわって、金運、仕事運、出世開運のパワーをいただきましょう。

タブノキ(椨の木)

4番長谷寺・タブノキ
山門の手前に直径1mくらいありそうな古木がありました。クスノキ科のタブノキです。枝葉は、線香や蚊取り線香の粘結材になるとか。神宿る木のようなパワーを感じました。

高山樗牛(たかやまちょぎゅう)の住居碑

4番長谷寺・高山樗牛住居碑
タブノキのそばに、高山樗牛の住居碑がありました。樗牛は明治時代の文芸評論家・作家で、名作『滝口入道』の作者として知られています。晩年に長谷寺に住んでいたそうです。
4番長谷寺・久米正雄胸像
この他にも、劇作家で鎌倉ペンクラブ初代会長の久米正雄の胸像や、俳人高浜虚子の句が台座に彫られた聖観音菩薩石像などがあり、長谷寺が多くの文人に愛されたお寺であることが感じられます。

鎌倉長谷寺の御朱印

4番長谷寺・御朱印
長谷寺では三種類の御朱印がいただけます。こちらは、坂東三十三所観音霊場第4番札所の御朱印で、中央に「十一面大悲殿」と墨書されています。この他に、鎌倉・江ノ島七福神の「出世開運大黒天」の御朱印、「厄除阿弥陀如来」の御朱印をいただけます。

朱印所は山門を入って左手にあります。混雑時には1種類のみになることもあり、場合によっては紙朱印になることもあるそうです。納経料は各300円です。御朱印は、納経の証としていただくものです。ご本尊にお参りしてからいただきましょう。

まとめ

4番長谷寺・見晴台からの眺め
「長谷観音」はいかがでしたでしょうか。海や浜辺の風景を見渡せ、春の桜、秋の紅葉など季節の花木が彩りを添え、美しい極楽浄土が表現されているといわれます。とくに、あじさいの季節になると、上境内の「眺望散策路」は40種類、およそ2500株のあじさいで彩られ、大勢の人々が訪れます。
4番長谷寺・放生池のボケの花
この日は11月というのに、池のほとりに木瓜(ボケ)の花が咲いていました。

8月10日は、1度で46000日、つまり一生分のお参りをしたことと同じご利益が得られるという「四萬六阡日大功徳日」です。毎月18日の観音の縁日と併せて、ぜひたくさんのご利益をいただきに訪れてみてください。

坂東32番札所
坂東三十三観音霊場巡り一覧まとめ 坂東三十三観音霊場は鎌倉時代に開設されました。源頼朝は観音信仰が篤く、西国三十三観音巡りが坂東まで広がったとも言われています。 ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター 鈴木政雄 より:

    今回も素晴らしい記事でした、大きな観音様が奇麗すぎて圧倒されました。お地蔵様がこんなに沢山あるなんて驚きました。18日にお参りすると色々楽しみですね、御朱印も3種類あるなんて知りませんでした。なるべく早く行ってみたいです。その時はあなた様の記事をおもいだし(読み直して) ボーっと見ていた事を反省し、叱られないようにします。

    • アバター Written by より:

      こんにちは。ご訪問ありがとうございます。
      大きな観音様の写真を載せて、皆様にご紹介できないのが残念なくらいきれいな観音様です。あの観音様に出会えるだけでも行った値打ちがある長谷寺です。四季おりおりの花木を楽しみにいくのもいいですし、カフェやショップ、御守りや記念グッズなどまだまだ紹介しきれていないものがたくさんあります。ぜひゆっくりご覧になってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!