スピリチュアル

瞑想がうまくいかないときの4つの理由と対処法について

瞑想,うまくいかない
瞑想を続けていく中で、どうも集中できない、このやり方であっているのだろうか、と心配になることはありませんか。

テキストがあれば読み終えたときの達成感、ものを作る作業であれば完成したものが存在しますが、瞑想には顕在化するものがないため、ときに不安になることがあると思います。

瞑想を続けていく中で、誰もが感じる「これでいいのかな」という理由について少し考えてみませんか。そして、理由に行き当たったなら、その対処法についても一緒に考えてみましょう。

瞑想がうまくいかない4つの理由

瞑想がうまくいかない理由として、経験の少なさからくる要因、コツがうまくつかめないことからくる要因、集中が妨げられる心的要因などが想定されます。多くの方がつまずきがちな「うまくいかない理由」について考えてみましょう。

理由1:やり方がわからない

自分なりに調べたり、セミナーに通ったりしながら瞑想を学んだつもりだけど、始めてみるとやり方がわからない、ということはありませんか。

姿勢も気をつけているし、呼吸にも意識を向けているけれど、実際に瞑想をしようと思うと、瞑想のやり方自体がわからないというもどかしさにつきあたります。とくに、瞑想を始めたばかりの頃に感じるのではないでしょうか。

瞑想には決まった型はありません。今、自分なりの瞑想の型を作ろうとしている段階だと思われます。人の魂が身体の中にあるように、これから行う瞑想の容れ物のようなものを作っているのだと思って、わからないままぜひ続けてみてください。

「これでいいのだな」という理解は自分の内側から必ずあらわれます。あなたの心を整える方法です。先人たちが伝えてくれるのは型で、魂入れは自分で行うものですので、「わからない」というのは正しいのだと安心してください。

理由2:瞑想に苦手意識がある

瞑想がいいことは理解している、多くの人が、特に成功者と言われる人たちが瞑想をしているというくらいだから、自分も瞑想をしてみたいと思っているのに、なんとなく苦手意識が邪魔をしているということはありませんか。

瞑想は、自分と向き合う習慣ですので、どれだけ頭で良いものだと理解していても、心がやる気にならないとできないものです。早起きや腹八分目の食事を心がけよう、と頑張っているときのようなものです。

瞑想に対してご自身が苦手意識を持っている知ることで、次のステップとして、瞑想を取り入れることができます。苦手意識を感じている方は、どうして、どのような部分が苦手だと感じているのか、自問自答してみてください。

理由3:あまり変化が感じられない

瞑想を実践しているひとたちが、「効果があった」「すっきりした」というけれど、そんな実感を得たことがないと感じたことはありますか。瞑想を始めるより先に、瞑想の効果を期待してしまうと、思っていたのと違うと感じる、あるいは、期待していた効果が実感できないと感じることがあります。

一般に、引き寄せの法則などで行われる瞑想(イメージング)と内観を促す瞑想とは目的や手法が異なります。もしも、目的ありきで瞑想を始めると、「結果」が得られないとがっかりするかも知れません。

内観を促す瞑想には、ゴール地点というものがなく、日々、その瞑想ごとに自分の中の変化や感じ方を確認していくことの積み重ねそのものが瞑想となっていきます。

理由4:とにかく集中できない

身近な人や自分自身の健康状態、人間関係、金銭問題、漠然とした不安。そういった不安定な状態を解放したくて瞑想を取り入れる方も多いことでしょう。

いざ瞑想をしようと体勢を整え、目を閉じた途端に不安に襲われることもあります。とくに、生命に関わる不安を抱えている場合は、弱っているポイントにフォーカスされて動揺してしまうことも考えられます。

集中できないくらい心に不安を抱えているときは、無理にその思いを振り払ったり覆い隠したりせずに、不安に感じている自分、悲しいと思っている自分をしっかりと受け止めてあげてください。そして「この辛さには解決法があるから大丈夫」と、ゆっくりと納得できるまで自分に語りかけるようにして受け入れていきましょう。

瞑想がうまくいかない4つの対処法

瞑想,うまくいかない
瞑想がうまくいかないと感じる理由について考えてみましたが、どうすれば「うまくいかない」という感じを解消できるのでしょうか。次に、それぞれ「うまくいかないと感じるとき」の対処法についてお伝えしたいと思います。

やり方がわからないときの対処法

瞑想のやり方がわからなくて、うまくいかないと感じているときは、今自分なりのやり方を模索しているところだと理解して続けていくことが対処法となります。

瞑想では、呼吸を深めながら脳をクリアにし、顕在意識を取り除いていきます。どの体勢でいるときに、自分の身体の存在を気にせずに呼吸に集中できますか。手の位置はどうだろうか、どの時間帯がいいだろうか、と自分の状態を確認していきます。

見落としがちなのが、視点です。目を閉じているため、視点など気にしない方が多いですが、目を閉じていても視点を定めると心が安定します。実際には見えませんが、正面を見たり、伏し目にしたりしながら、視点を定めます。

安定しやすい視点は、眉間の間です。ぎゅっと両目を寄せるのではなく、鼻先を見るような気持ちで軽く視点を固定してみてください。舌先を上顎に軽くつけ、舌も固定します。普段意識しない部分を安定させることで心が安定します。

呼吸に集中しやすい対処法をお伝えしましたが、「やり方」にとらわれず、自分自身をよく観察し、呼吸だけに集中できる環境を探していくことが、自分似合った瞑想法を理解する近道です。

瞑想に苦手意識があるときの対処法

瞑想がうまくいかない原因に、実は、瞑想に苦手意識を感じているということがあります。もしも、心当たりがあるのなら、一度スタート地点に戻ってみませんか。

どうして、瞑想を始めようと思ったのでしょうか。誰かが始めて、「効果があった」と言っていたので始めてみた、というのもひとつのきっかけとしてはよいと思います。しかし、客観的に瞑想をしている自分を俯瞰(ふかん)したときに、居心地の悪さを感じませんか?

瞑想に苦手意識を感じるときに多いのは、誰かが勧めてくれたから、誰かがいいと言っていたから、みんながやっているから、といった他人軸(他人の評価)で行動しているときに起こりやすくなります。

一度「瞑想って苦手だな」と感じたら、自分自身が望んだことではなかったからだ、と受け入れて下さい。そのうえで、瞑想で前向きになっている自分、周囲の美しいところ良いところばかりに気づくようになっている自分を想像してみて下さい。

瞑想によってそのような自分になりたい、そのためにやってみようと思えるようになると、瞑想に対する苦手意識は、薄れていきますよ。

あまり変化が感じられないときの対処法

瞑想がうまくいかないと感じている理由が、あまり変化が感じられないから、と思われる方は多いのではないでしょうか。もしそうであれば、安心してください。今、変化が感じられなくても、やがて変化を感じられるようになります。

「すっきりした」「人間関係がうまくいくようになった」「仕事の効率が上がった」といった、他の瞑想実践者の「結果」に安易に飛びついたなんてことはありませんか。

瞑想の目的は、すっきりすることでも人間関係がうまくいくことでも、仕事の効率が上がることでもありません。ご自身が本来あるべき状態をいつも保てるようになることです。その過程が、「すっきりした」と感じることや、人間関係が円滑になること、効率が上がることだと考えてください。

私たちの潜在意識は、わたしたちが望む結果へと導いてくれますが、残念ながらその過程までを私たちが決めることはできないものです。

瞑想を重ねる中で、ご自身の変化に気づくことが瞑想の結果得られるものとなります。

とにかく集中できないときの対処法

瞑想がうまくいかない理由として、自分の手に負えないと感じているくらいの恐れがあることが考えられます。

恐れというのは、危険を回避するために生物が身につけた大切な能力です。危険に出くわしてからでは遅いため、あらかじめ危険を想定し回避しようと恐れという形をとります。

瞑想を続けていく中で、恐れを抱く対象について、その規模や、その恐れの対象(危険)はどの程度の被害があるものかということが判断できるようになってきます。恐れの対象を知らず、適切な逃げ道は選択できません。

鶏と卵の論争のように、卵ばかりを見ていると何が生まれてくるのかわからないせいで恐れを増幅させてします。鶏を知れば、そこから生まれてくるものは鶏の卵だと知ることができるものです。

手に負えないほど不安に思っていることを「言葉」にしてしまいましょう。漠然とした言葉ではなく、できるだけ具体的に言葉にします。

その不安は、あなたをどのような気分にさせるのか、あなたはどうなることを恐れているのか、実際にどのような被害が想定されるのか、できるだけ具体的に言葉にします。

そのようにして、恐れを表面化させることで、その不安の姿かたちが明確になり、自分が何について恐れているのかを知ることができます。恐れの対象を明確に言葉にしたら、そのあとに自己肯定の言葉を加えます。

問題を自分の中からとりだすことで、手放すことができるようになります。一回、二回では無理なように感じても、繰り返すうちに客観視できるようになっていきます。

2〜3分でいいので、恐れから解放されたときに、瞑想をしてみてください。2分から始まった瞑想が、5分になり、10分になり、心がひとつのことにとらわれることから解放されていきます。

まとめ

瞑想,うまくいかない
瞑想がうまくいかないと感じる理由は、今自分が置かれている状況によっていろいろ考えられます。対処法についてご紹介いたしましたが、参考になれば嬉しく思います。

何年も瞑想を続けていても、うまくいかないと感じる日があるでしょう。それは残念に感じる必要はありません。どうしてうまくいかないと感じたのか、その答えのが瞑想の効果にもつながります。

瞑想は、これで終わりという終着点はありませんが、ゴールのないマラソンのようにとらえてしまうと、挫けそうになってしまいます。けれど、瞑想を夏休みのピクニックのように、ペースも時間も制限されずに、自分の心が満足するまで心地の良い自然の中で過ごせると考えれば、楽しみながら続けられるような気がしませんか。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの星座や生年月日を元に導き出される 『月と星の占星術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by のんのん
Written by のんのん
【瞑想効果が期待できるワークショップを展開する、手しごとセラピー Prism Lab.主宰。】 溺愛するブルドッグの旅立ちに備え、責任を持って取り乱すことなく見送れるように、10年前から瞑想を学び実践する。また、心理学、イメージ(潜在意識)リセット、YOGA、アロマを学び、生きづらさを感じる女性のココロとカラダのサポートに取り組む左脳派セラピスト。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)