タロット

【初心者でも簡単!】タロットカードの基本的な占い方や楽しみ方とは!?

誰にでもできるタロットカード占いの楽しみ方とは!?

タロットカード占いに使われるカードは、現在では多種のデザインが使われています。タロットカードの基本形と言われるウエイト版を使いながら、自分ひとりでも占える方法や、またタロットカード占いを楽しみながら上達する方法など、どのようなものがあるのでしょうか?

タロットカード占いの歴史

タロットカードの歴史については、色々な説があり、ある意味どれが正論か判断ができず、謎に包まれています。また色々な国でタロットカードは独自の進化を遂げたり、解釈も付け加えられてきました。

現在主に考えられている起源としては、エジプト、イタリア、インドなど色々ありますが、現存しているタロットカードの中で最古のものは、1392年にフランスのカバラ学者がフランスのシャルル6世に贈ったものなのです。

1783年頃にはフランスの考古学者が、エジプト起源説を押したのち、多くの人によってカバラや錬金術、魔術、占星学の要素を組み込まれ、現在のタロットカードのデッキ(1組)を創りあげていったのです。

タロットカードの基本

タロットカード 占い方
タロットカードには、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚のカードの合計78枚から成り立っています。

その1枚1枚には、魔力がありそうな不思議な絵が描かれており、大アルカナの22枚だけでも占うことも可能です。

小アルカナは、ワンド(魔法の杖)、カップ(聖杯)、スワード(剣)、ペンタクルス(コインもしくは五芒星)という4種類、各14枚ずつあります。

タロットカードを使うとき、カードをシャッフルした後、絵が通常の状態で出たときを「正位置」と呼び、さかさまの状態で出たときを「逆位置」と呼びます。

普通は「正位置」のほうが「逆位置」よりもポジティブな答えであることが多いのですが、カードによってはその反対になることもあります。

タロットカードの扱い方と占い方

タロットカードで占えることは、将来起こりうることから、なぜ現在の状態が起こったかという原因、片思いの相手や取引先がどのように考えているか、自分自身の本心など、あらゆることが占えます。

【タロットカードの扱い方】

本来、タロットカードは、占い師のみが触り、他人に触らせないということがよく言われます。つまりカードに色々な人のエネルギーが付着してしまうからです。

しかしながら、占ってほしい人のエネルギーをカードに取り入れることもある程度は必要であるため、カードのシャッフルをしてもらったり、カードを山に分けてもらったりするのは必要かと思います。

定期的にセージの葉をいぶした煙で、カードをクレンジングして、エネルギーを整えるようにしましょう。

【タロットカードの占い方】

タロットカード 占い方
まず占うには、カードをひとまとめにします。最初はカードがすべて正位置であることを確かめてください。

そのあと、何を占うかを心の中で念じます。誰かを占ってあげる場合は、占ってほしい人に念じてもらってください。

それからカードをシャッフルします。これも占ってもらう人がします。シャッフルの仕方は、手にカードを持ってトランプを切るようにしてもかまいませんし、あるいは扇状にテーブルの上に広げて好きなだけ混ぜてもらい、最後にカードをひとつにまとめてもらいます。

そのあとで、占いをしてもらう人が左手でふた山、あるいは三つの山にカードを分けます。
タロットカード 占い方

ここからの占い方は色々あり、分けた山の中から好きな山を選んで、そこにあるカードだけで占う場合もあり、またフォーチュン・オラクル、ウィル・スプレッド、セブン・テーリング、セレクト法など色々なカードの並べ方が存在し、占い師によって、あるいは占う目的によって、どれを使うか様々なのです。

タロットカードのひとり占い

タロットカード 占い方
タロットカードを使ってひとりで占うことも可能です。ただし、タロットカードはあなたの心理を非常によく汲み取りますので、「こんな答えが出てほしい!」と念じて占うと、その通りの答えが出てしまい、正確に読めなくなることがあることを留意しておきましょう。

また、「こんな答えが出たらどうしよう?」と恐怖心を募らせて占うと、カードがその気持ちをピックアップしてしまい、恐怖に満ちた回答が出てしまうこともあるので、できるだけ心を整えてて、平静心で占ってください。

上記の方法で、カードをシャッフルし、ひとまとめにしたら、好きなところから3枚カードを引きます。1枚目が過去、2枚目が現在、3枚目が未来、というふうに物事の流れを見ます。

あるいはホロスコープ法というスプレッド方法を使うと、色々なことが一度に占えます。
ホロスコープ法では、シャッフルしたカードから好きなカードを13枚順番に引きます。

タロットカード 占い方
カードが表すのは、1枚目が今回の占いの総合的な結果を表すキーカード、2枚目が職業、3枚目は家庭、4枚目は自分自身、5枚目が結婚やパートナー、6枚目が金銭、7枚目がコミュニケーション、8枚目が恋愛、9枚目が健康、10枚目が遺産、11枚目が旅行、12枚目が友人、13枚目が障害を表します。

それぞれの番号に引き当てたタロットカードの意味を解釈することで、現在の状態から近い将来までを占うことができるのです。

たとえば2枚目の職業のところに「大アルカナの星」のカードが出た場合、それはこのカードが持つ職業に関する意味、つまり仕事は明るい見通し、あるいは新しい企画を出す、順調に進む、などと解釈します。

タロットカードの使い方を上達させるには

スムーズにタロットカードが読めるようになるには、もちろん1枚1枚カードの意味を覚える必要があります。

ただし、ただ単にカードの意味を覚えただけでは、臨機応変に読みにくいことがあります。
そこで、おすすめしたいのが、お友達同士でもよいので、お互いに占い師さんとお客さんになって『占いごっこ』をすることです。

カードの意味などぜんぜんわからない状態でもかまいません。上記の方法でカードをシャッフルし、占ってほしい人に何を占ってほしいのかを聞いてから、3枚引いてもらいます。

その3枚のカードを1枚目を過去、2枚目を現在、3枚目を未来とし、それぞれに関するカードを見た占い師役の人が直観で、デタラメでもよいのでストーリーを作り上げて、お客さん役の人に伝えてください。

デタラメと思っていたことが、実はよく当たるのです。それはあなたがタロットカードの力を借りて、ある種のチャネリング状態でカードからのメッセージを読み取っているからなのです。

まったく知らない人同士でやったほうが、先入観がないので勉強にはなります。何度も色々な人と繰りかえし占ううちに、コツがつかめると同時に、カードからのエネルギーを感じ取ることができるようになるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

タロットカードの絵を見て、「怖い!」と感じる人もいるようですが、あなたにとてもやさしいカードや力を貸してくれるカードもたくさんあります。気に入ったカードを1枚取り出して、お守り代わりに持ち歩いてもかまいません。まずはタロットカードと親しくなることから始めてみませんか?

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたから発するオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)