開運

手紙を書くときの封筒や便箋やペンの色は運気に関係あるの?NGな色

手紙,色,意味
送る相手を思い丁寧に言葉を紡ぐ手紙は、書く人ももらった人も温かく幸せな気持ちにさせます。インターネットが発達した現代では、手紙を書く時間は特別なものにもなるでしょう。しかし中には、手紙を書く時のペンの色や便箋、封筒の色に迷ってしまう人もいます。

今回は手紙を書く時の封筒や便箋、ペンの色の意味を詳しく解説していきます。手紙を送る時の参考にしてみてくださいね。

手紙を書く時の便箋や封筒・ペンの色別の意味

手紙を書く時の便箋や封筒、ペンの色にはそれぞれ異なる意味があります。順番に見ていきましょう。

【黒色】

黒はフォーマルで厳粛な雰囲気を表します。黒のペンで手紙を書けば、仕事で付き合いがある人や、目上の人にしっかりとした印象を与えられるでしょう。強い意思や意見を述べる時にもおすすめです。揺るぎない、しっかりとした気持ちを表現できます。

重厚感があるので、漢字の多様は避けるようにしてください。文章自体が重く、読みにくいものになってしまいます。文房具店には様々な濃さの黒いペンが販売されているので、薄い黒色を使うのもおすすめです。

【白色】

白色は誠実さや純粋さを意味します。フォーマルな印象も与えるので、どんな人に送っても失礼になりません。ビジネスにもプライベートにも使えるでしょう。洋風の封筒は、招待状や案内状にも最適です。未来へ向けての希望を感じられますよ。

しかし白色の二重の封筒には気をつけてください。「重なる」という忌み言葉を連想させるため、お見舞いや弔辞には避けるべきです。また透けやすいので、しっかりとした厚みがあるものを使うようにしましょう。

【青色】

青色の便箋は知的で上品な印象を与えます。薄い青色を使えば、清々しさも感じられるでしょう。グレー系の青色は、落ちついた大人の印象も与えられます。また、青は自分の気持ちを表現するのにぴったりの色です。普段言えないことや自分の気持ちを伝えたい時には、青い便箋や青いペンを使えばスムーズに言葉も出てきますよ。

青は涼しさを感じる色でもあるので、夏の時期の手紙にぜひ使ってみてください。送った相手も爽やかですっきりとした気持ちになれます。

【赤色】

赤色は熱意を意味しています。自分の情熱を伝えたい時や、強い意思を表明したい時には赤い封筒や便箋を使ってみましょう。強い赤色は暑苦しさを感じてしまうので、ピンクやオレンジがかった柔らかい赤を使うようにしてくださいね。

赤いペンを使用するのは避けた方が良いです。血を連想させるので、ヨーロッパでは死を意味しています。日本でも古くから赤は絶縁状や決闘状として使われていました。赤を縁起が良い色とする中国でも、赤はこの世との縁の終わりを意味しています。赤い文字は世界中で縁起が良くない色なのです。

【茶色】

茶色は落ち着いたイメージを与えるのに最適です。ナチュラルな印象を与え、安心感や親しみやすさを感じられるでしょう。白よりもカジュアルな印象も与えられます。茶色の中でもベージュ系の色であれば、どんな人にも居心地良く感じます。

茶色のペンを使うのもおすすめです。黒いペンとは違う、一味違った手紙を書けますよ。文章自体が柔らかく、読みやすいものにもなります。

【紫色】

紫の便箋や封筒は、品がある雰囲気を演出してくれます。他の人とは違った特別な手紙になるでしょう。紫には強い癒し効果があるので、お見舞いにもおすすめです。濃い紫ではなく、ピンクがかった紫や薄いラベンダーの便箋や封筒を使うようにしてください。送られた相手は、心から穏やかな気持ちになれるでしょう。

知的なイメージを持つことも可能です。大人っぽい落ち着いた雰囲気を出したい時に使ってみてくださいね。

【ピンク色】

ピンクの封筒や便箋は、ラブレターを送るのにぴったりです。恋愛の気分を盛り上げてくれるでしょう。ピンクは女性性が発揮できる色なのです。また、ピンクは人を優しく穏やかな気持ちにもさせてくれます。送る人も送られた人も幸せな気持ちになれますよ。

ベージュがかったピンクであれば、子どもっぽい印象にもなりません。柔らかく、落ち着いたピンクを選ぶようにしましょう。

【緑色】

緑色の便箋や封筒は、爽やかな印象を与えてくれます。青みがかった薄いグリーンであれば、のびのびとした雰囲気も与えられるでしょう。まるで自然の中にいるような心地良さも感じられます。ヴィヴィッドな緑色の便箋や封筒を使えば、人とは違う手紙になります。潔いカラーにスタイリッシュさも感じられるでしょう。

赤と同じように、緑色のペンは使わない方が良いです。中世のヨーロッパでは、緑色のペンは果たし状に使われていました。赤と同じように緑も縁を切ってしまう色なのです。縁起の悪い緑色や赤色のペンで文字を書くのはやめましょう。

【黄色】

黄色は元気や明るさを与えてくれる色です。薄いクリーム色の便箋や封筒は、ソフトで親しみやすい印象を与えてくれます。カスタードクリームのようなナチュラルで素朴な黄色を使ってみましょう。緑がかった薄い黄色は、安心感や調和も感じさせてくれます。

ヴィヴィッドな黄色であれば、元気な印象を与えられるでしょう。陽気で明るいイメージなので、送られた人は楽しい気持ちになります。ポップな黄色は友達へ手紙を送る時にはぴったりです。派手な色なので、仕事関係の人や目上の人には避けるようにしてくださいね。

手紙を書くときにNGな色はあるの?

手紙を書く時に絶対にNGな色はありませんが、赤色や緑色のペンは避けるようにしてください。古くから赤色は絶縁、緑色は離縁を意味するとされています。相手との縁が切れないように気をつけてくださいね。目上の人に手紙を書く時には黒色か青色のペンを使うのがおすすめです。黒色や濃い青色は、公的な文書にも使用できます。

また、香典や弔辞を書く時には薄い墨色を使うようにしましょう。薄い墨色には、相手との突然の別れを惜しむ気持ちが込められています。少しの心遣いで、手紙を送られた相手の気持ちも癒されますよ。

まとめ

便箋や封筒、ペンの色にはそれぞれに異なる意味があります。用途や自分の気持ちに合わせて使い分けてみてくださいね。スマートフォンやインターネットを使うことが増えた現代でも、相手を思い手紙を書く時間を大切にしましょう。

▶︎【風水】書類の保管場所や方位・運気アップ開運術!NGなものはこちら

▶︎捨てるとすぐに運気が上がるもの8選!ツイてない人必見の開運ヒントはこちら




ABOUT ME
Written by 【LOTUS COLOR】鈴木 里彩
【カラーセラピスト、数秘セラピスト】『個性を活かして自分らしく』をテーマに、カラーセラピーや数秘とカラーを組み合わせた数秘カラー診断セッションをしています。多数のイベント出店や結婚相談所や企業、親子向けの色彩講座も行っています。 https://lotuscolor.amebaownd.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)