バミューダトライアングル魔の海域!5つの謎

バミューダトライアングル魔の海域!5つの謎photo by NOAA’s National Ocean Service

バミューダトライアングルをご存知でしょうか。バミューダトライアングルとはフロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んで出来る三角形の海域のことを、バミューダトライアングルと呼んでいます。昔からこの海域では、飛行機や船、またはその乗務員のみが消えてしまうという伝説があります。このバミューダトライアングル魔の海域での5つの謎を、今回はご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


バミューダトライアングル魔の海域!5つの謎

バミューダトライアングルは別名「魔の海域」と呼ばれ、最近では高等学校の一部の英語の教科書にも、世界のミステリーの一つとして載っているそうです。昔からこの魔の海域では、船や飛行機が消滅する地帯として、人々に恐れられ、そして語り継がれてきました。また不可解な事に残骸などは一遍もなく、逆バミューダとして逆に突然現れる場合もあるそうで、バミューダトライアングル魔の海域は、調べるほど不思議な事ばかりが起きているようです。

①死んだ人間がバミューダトライアングル魔の海域から帰還!の謎

先ず最初にご紹介するバミューダトライアングルで起こった謎ですが、1990年の2月の出来事です。バミューダ島の沖合で漁業をしていた漁師がふと水面に目をやると、白い布の大きな袋が自分たちの船に向かって流れてきたそうです。それを漁師たちが船に上げて開けてみると、中から人間が出てきたそうです。最初死体と思われたその人間は、突然「ここはどこだ?」と漁師に尋ねたそうです。驚く漁師たちにその人間は、自分はミッシェル・ガヤンと名乗ります。フランスからバミューダ地方に移住してきたそうで、自分は死んだはずなのに、と語り更に驚かせたそうです。のちにバミューダ島の病院のカルテを調べたところ、ミッシェル・ガヤンという人物は確かに存在し、死亡したとのこと。死亡した時の年齢も解っており、63歳だそうで、1926年に亡くなったとか。実際の話で、心停止したあと生き返った人がいるように、そういった事例はあるのですが、もし確かなら、ミッシェル・ガヤンは1926年から1990年の間死んで生き返ったことになります。ちょっと背筋が寒くなるバミューダトライアングルでの言い伝えでした。

②バミューダトライアングルから瞬間移動!?の謎

次にご紹介するのは、1970年に起こったバミューダトライアングルから、アメリカのマイアミ空港まで瞬間移動したという謎です。ブルース・ガノーンという若いパイロットが軽飛行機を操縦してバミューダ海域を飛んでいた時の事。突然現れた不思議な雲の中に突っ込んでしまったそうです。方向も解らず、それでも真っ直ぐにバミューダトライアングルから抜け出ようとし、無事その雲の中から出てみると、そこには見慣れた景色が広がっていたそうです。ブルース・ガノーンはとにかく着陸しようと、マイアミの空港にコンタクトを取り着陸しました。そしてその後、落ち着いた後に時間を見てみると、最短飛行距離として考えられていた時間よりも30分も早く到着していたことに気付いたそうです。どう考えてもショートカットする方法が無い経路での30分早い到着。これはバミューダトライアングルの奇妙な出来事として、伝えられているそうです。

スポンサーリンク

③バミューダトライアングルの中には幻の大陸がある!?の謎

次にご紹介するのは、バミューダトライアングルの海底には幻の大陸と呼ばれる「アトランティス」があるのではないか、といわれている謎です。エドガーケイシーという予言者によって、バミューダトライアングル内であるバハマ諸島ビミニ島の近くで、「アトランティス」に関するものが発掘されると予言したと伝えられていました。この人物は1945年に亡くなるのですが、実際にその後バハマの島から壁のような石材や、アーチ型をした石が発見された為、ここには間違いなく「アトランティス」があったと信じられ、今日までバミューダトライアングルとアトランティスは切っても切れない関係になっています。バミューダトライアングル海域に存在したであろう「アトランティス」は優れた文明をもっていたと伝えられており、その沈んだ「アトランティス」の遺物が、航空機の異変や船舶の消失を引き起こしているのではないかと、ささやかれています。

④ワームホールと化すバミューダトライアングル!の謎

次にご紹介するのは、バミューダトライアングルが、実はワームホールになっているのではないかという謎です。過去に何度も船舶と航空機、そして人が消えていき、痕跡が残っていることが稀なバミューダトライアングルでは、実は別の空間へ通じるワームホールが存在し、そこへ船舶や飛行機、そして人が吸い込まれているのではないか、と言われています。実際にバハマ諸島の海中には、ブルーホールと呼ばれる深さおよそ200mの海底洞窟が存在し、これが入口になっていて、バミューダトライアングルからどこかへと繋がっているのではないか、と実しやかに囁かれています。海底には未だに謎が多く、バミューダトライアングルの海底に何が待ち受けているのか、とても神秘的な場所ですので、全容が明らかにされる日が来ると良いですね。

⑤バミューダトライアングルに宇宙人が襲来!?

最後にご紹介するのは、バミューダトライアングルに宇宙人が来たという謎です。それは1990年にイギリスの新聞に掲載された事件で、バミューダトライアングルにSOS信号を出しながら、墜落した物体があったそうで、それを捜索隊が発見した所、身長1.5mほどの人らしき生命体が二人おり、一人は虫の息で「助けてくれ」と捜索隊に一言呻くと、直ぐに息を引き取ったそうです。もう一人は既に手遅れで、その二人は側にあった金属とガラスの中間のような素材で出来た、ドームの形をした飛行船のようなものに乗っていたようで、大きい眼には黒目だけで白目の部分が無く、頭が大きくタコのようだったそうです。この後、何故がバミューダトライアングルにアメリカ海軍が来て、その遺体を回収していったと伝えられています。


以上が今回ご紹介させていただいた、バミューダトライアングル魔の海域!5つの謎ですが、どれも不思議な出来事で、これ、と言った証拠が無いものですが、それほどバミューダトライアングルは神秘的で、謎が好きな私達にとって興味深くあってほしい存在なのかもしれませんね。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 世界の謎や不思議にまつわる神秘的な話まとめ

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  2. 夢占い 苦しい
  3. 夢占い 廃墟
  4. 夢占い ギャンブル
  5. 夢占い はしご

スポンサーリンク