風水

2022年【風水】引越しをする際に選ぶべきポイント&NGなこと

風水,引っ越し
引越しは、環境が変化することでエネルギーが大きく変化し、運気に影響します。だからこそ、気をつけて引越しをしたいと思う人もいるのではないでしょうか。

引越す方角や引越しの日取りなどを縁起の良い日にすることで、引越しを機に運気を向上させることができます。引越しをする際に選ぶべきポイント&NGなことについてご紹介します。







【風水】2022年引越しの方角

引越しをする際に、方角を気にする人もいるのではないでしょうか。家から35km圏内の引越しの場合は、あまり気にする必要はありません。遠くに引越す場合は、吉方位に引越しをすることで運気を高めることができます。

転勤などで指定の場所に引越し、方位が悪い場合は、方位除けや八方除けを神社で受けると良いでしょう。御祈願料の相場は5,000円くらいからです。引越しする吉方位は、その年によって異なります。

2022年引越しに適している吉方位

引越しでは、吉方位に移動するのが良いと言われています。2022年は五黄土星が中央にあるので、最凶方位とされる「五黄殺(ごおうさつ)」や「暗剣殺(あんけんさつ)」はありません。生まれた年の本命星による吉方位をご紹介します。

【本命星を西暦から確認する】
①生まれた年の4桁を足して10以下の数字にします。
②11から①で出てきた数字を引いて出てきた数が本命星になります。
例)1988年生まれの場合
①1+9+8+8=26、2+6=8
②11-8=3となり、本命星は三碧木星です。

【一白水星の吉方位】東・南東・北西・西
【二黒土星の吉方位】北西・西・南
【三碧木星の吉方位】北・南東・南
【四緑木星の吉方位】北・東・南
【五黄土星の吉方位】北西・西・北東・南
【六白金星の吉方位】北・西・北東
【七赤金星の吉方位】北・北西・北東
【八白土星の吉方位】北西・西・南
【九紫火星の吉方位】東・南東・北東

【風水】引越しの日取り

縁起の良い日に引越しをすることで、良い運気を取り入れることができます。大安(たいあん)、天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)、一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)、大明日(だいみょうにち)に引越しをすると、良い流れを取り入れることができます。開運カレンダーのアプリで日程をチェックしてみましょう。

大安は、六曜での吉日で一番縁起が良いとされています。天赦日は、「天がすべての罪を赦す日」で、何をするのにもベストな日です。一粒万倍日は、「一粒のもみが万倍になる」という意味で、引越しや新しいことをするのにベストな日です。大明日は、「太陽により隅々まで照らされる日」という意味で、引越しや新しい環境でスタートするのに最適です。

【風水】引越しの間取りについて

引越しする際には、間取りも慎重に選びましょう。

風通しの良い環境

間取りが気に入ったとしても、風通しが悪く光が入ってこない物件は風水的には運気を下げるのでNGとされています。間取りだけではなく、風通しが良く光が入ってくるかを確認しましょう。

鬼門に玄関や水回り

鬼門の北東方位や裏鬼門の南西方位は、邪気や悪いものが溜まりやすい場です。鬼門や裏鬼門に玄関や水回りがある物件は避けましょう。

【風水】引越しでやるといいこと

引越し先でやるといいことをご紹介します。特に賃貸マンションなどに引越す場合は、以前住んでいた人の気が残っている可能性があります。浄化することで、悪い気の影響を受けなくなります。

お香を焚く

場を清めるためにお香を焚きましょう。香りで邪気を払うことができます。賃貸物件の場合は、以前住んでいた人のエネルギーが残っている可能性があります。合成香料ではなく、天然素材のお香を使いましょう。天然アロマの香りでも浄化することができます。

盛り塩をする

場の浄化をするために、玄関の両サイドに盛り塩をしましょう。塩は天然塩を使います。塩は場の悪い気を払い、清めてくれる効果があります。また、塩水などで拭き掃除をして部屋の中を清めるのもスッキリとして効果的です。

観葉植物を置く

引越し先では、場の状態がよく分からないこともあるでしょう。観葉植物や生花を飾ることで、悪い気を吸い取ってくれ、場の調整をしてくれます。観葉植物がよく枯れる場所で寝ると、場が悪いので健康にも影響してしまいます。観葉植物がよく育つ場所で寝るようにしましょう。

【風水】引越しでNGなこと

引越しでNGなことを知って、引越す際には気をつけましょう。

直線道路やT字路の突き当り

直線道路やT字路の突き当りに建っている物件は、道路の邪気がそのまま家に入ってくると言われています。運気にも悪影響を及ぼすので、間取りが気に入ってもやめておきましょう。

病院や墓地などに近い物件はNG

病院や墓地などに近い物件は、陰のエネルギーが集まる場所です。近くにある場合は、住まいにも影響を及ぼすことがあるので避けましょう。

まとめ

引越しする際に、地域や間取りのみで物件を選んでしまうと、運気が悪くなる家の場合もあります。風通しや光の入り方、周辺などの環境をしっかりとチェックして引越し先を決めましょう。また、引越す際には良い日取りを選ぶことで、運気を高めることができます。




ABOUT ME
Written by 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)