花言葉

花言葉【ハイビスカス】誕生花やスピリチュアルな話と開運について

アメリカ、ハワイ州の州花である「ハイビスカス」は、南国の花として世界中の暖かい地域で見かけるお花です。

「ハイビスカス」は、その艶やかさや花の形のかわいらしさから、デザイン化されたものが文具や小物、ファッションなどにも多く取り入れられ、若い女性を中心に人気です。

花言葉、ハイビスカス

では、その名前がエジプトの女神に由来するという、「ハイビスカス」のスピリチュアル的な意味やエピソードなどには、どのようなものがあるのでしょうか?

【ハイビスカス】の基本情報

科・属: アオイ科 フヨウ属

原産地:熱帯アジア、ハワイ諸島、モーリシャス島

品種:3000種類以上

開花時期: 3月〜9月

英語名:Hibiscus(ハイビスカス)

和名:ハイビスカス、ゴールデンベル、仏桑花(ぶっそうげ)




花言葉【ハイビスカス】の意味

「ハイビスカス」は、もともと中国から日本に入ってきて「ぶっそうげ」と呼ばれていた花でした。

この花の中のハワイアン・ハイビスカスが、ハワイの州花になったこともあり、世界中に「ハイビスカス」として知られるようになったのです。

「ハイビスカス」は、ハワイではレイにしたり、髪飾りとしてよく用いられます。髪飾りとして使うときは、既婚者は左側、未婚者は右側につけます。

そんな「ハイビスカス」には、常に新しい美』という花言葉があります。

これは、花は一日しか咲きませんが、次々と蕾をつけて咲き続けるので、この花言葉が付けられたのです。

「ハイビスカス」には、赤色のほか、ピンク色、白色、黄色、オレンジ色などがあり、それぞれ違った花言葉が存在しています。

それぞれの花の色に関する花言葉は下記の通りです。

赤色の「ハイビスカス」の花言葉

常に新しい美・勇敢

赤色の「ハイビスカス」は、「ハイビスカス」を代表する色とも言えます。その派手で情熱的、そして強さを感じさせるところから、『勇敢』という花言葉が付けられています。

『常に新しい美』は、上記のように次々と花を咲かせることから付けられた花言葉です。

オレンジ色の「ハイビスカス」の花言葉

繊細な美

オレンジ色の「ハイビスカス」は、太陽のような明るさを持ちながらも、たった一日しか花を咲かせないという、そのはかない命ながらも繊細な美しさを持っていることから付けられた花言葉です。

白色の「ハイビスカス」の花言葉

艶美

白色の「ハイビスカス」は、赤色とは違い、控えめでありながらも美しさを感じさせる女性のような印象から付けられた花言葉なのです。女性の繊細さや優雅さを彷彿とさせてくれる、そんなイメージが白い「ハイビスカス」にはピッタリです。

ぜひ白い「ハイビスカス」を、素敵な大人の女性にプレゼントしてみてください。

ピンク色の「ハイビスカス」の花言葉

華やか

ピンク色の「ハイビスカス」は赤よりもやさしく、繊細さを感じさせながらも女性らしさをたっぷりと放っているその姿から付けられた花言葉です。

若い女性にプレゼントをすると喜ばれるのは、このピンク色の「ハイビスカス」です。

黄色の「ハイビスカス」の花言葉

輝き

まさにそのパッと咲いた黄色い「ハイビスカス」は、太陽のように輝いていることから付けられた花言葉です。

【ハイビスカス】にまつわるスピリチュアルなお話

ハワイで「ハイビスカス」にまつわる伝説が残っています。

「ハイビスカス」の花は全体が赤いか、ほかの色のものでも中心に近いところは赤っぽい色をしていますね。それに関した言い伝えです。

その昔、ハワイに妖精や小人たちがまだたくさん暮していた時代のことです。妖精達はいつもよく働き、お花の世話を一生懸命していました。

ところが、妖精の王女は遊んでばかりいたので、彼女の母である王女が娘に、「ハイビスカス」のおしべを花の中心に縫い付けるという仕事を命じたのです。

妖精の王女は泣きながら、そのイヤな仕事に取り組んでいたのですが、指に針を刺してしまいました。すると指から流れ出た血が「ハイビスカス」の中心に落ちていったのです。

すると、王女は怒って「ハイビスカス」を踏みにじりました。

「私たちは悪くないわ」という「ハイビスカス」の声を聞いて、妖精の王女は「ハイビスカス」に謝り、「ハイビスカス」は王女を許すことにしました。

しかし、「ハイビスカス」の中心についた王女の血のシミは消えることなく、今も残っているのでした。

【ハイビスカス】が誕生花の日

「ハイビスカス」は、7月11日、8月21日の誕生花です。

また花の色によっては、下記のような日が誕生花となっています。

赤色の「ハイビスカス」:7月11日、23日、8月25日、11月10日
ピンク色の「ハイビスカス」:5月30日
白色の「ハイビスカス」:9月22日

【ハイビスカス】を使って運気をアップする方

「ハイビスカス」は、愛を表す花として、そしてヒンズー教では神聖な花として考えられています。

「ハイビスカス」のお花のエネルギーを水に転写したフラワーエッセンスを飲むと、恋を引き寄せ、恋愛運をアップします。

また、赤い「ハイビスカス」ティーを飲むと、魅力をアップする効果があると、ヨーロッパでは昔から言い伝えられてきました。

赤い「ハイビスカス」の蕾はお守り袋に入れて持ち歩くと、恋愛運をアップする効果があります。

まとめ

「ハイビスカス」は、ハワイ州のお花でもあり、トロピカルな雰囲気を醸し出す人気のお花です。その花言葉は繊細で美しいものが多く使われています。お花をモチーフにしたアイテムなども多くあるので、ラッキーアイテムとして持ち歩くとよいでしょう。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、お付き合い中の人も
本当の運命の人を知りたいですよね?

あなたのオーラの輝きから運命の人をズバリ診断する『オーラ診断』が大好評です!

もしかしたら別れた彼や、今お付き合い中の彼かもしれません。いつ、どこで運命の人と会えるのか今なら≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)