四国 88 箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法

四国88箇所 基礎知識

四国88ケ所霊場巡礼(遍路)とは、弘法大師が修行された足跡をたどって歩くことです。

四国遍路は、『阿波』『土佐』『伊予』『讃岐』4つの国にある札所を巡ります。国籍や宗派など関係なく誰でもお遍路さんとして巡礼することができるので、海外の方のお遍路さんも見かけますね。2015年の4月には四国遍路が日本遺産に認定されて、さらに注目が高まってきています。

四国遍路という素晴らしい文化を正しく理解するための、基礎知識や参拝方法をわかりやすくご紹介していきます。


スポンサーリンク


「順打ち」について

四国88箇所 基礎知識

順打ちとは、札所の回り方についてで、1番札所から四国を時計回りに巡ることをいいます。一般的には順打ちで巡る人が多いです。

「逆打ち」について

順打ちの反対に88番札所から、時計と反対回りで巡ります。逆打ちは順打ちの3倍のご利益があるといわれています。2016年は申年(さるどし)のうるう年でしたので、60年に1回の好機とあって逆打ちをする人が多かったのです。

そのわけは、逆打ちは道標などが少なく歩きにくいのと、今も順打ちで巡っておられる弘法大師と必ずどこかで会えるはずということで、順打ちの3倍のご利益があるといわれているのです。

さらに、四国遍路の祖といわれる衛門三郎(えもんさぶろう)が、自分の罪業を悔いて弘法大師の後を追い20回巡っても大師に追いつけず、逆打ちの21回目にようやく大師と巡り会うことができ、息絶えたのが832年丙申(ひのえさる)のうるう年だったのです。

「打つ」について

昔は、木や紙の札を柱などに打ち付けて巡拝した証としました。そこで霊場を巡ることを「打つ」といい、霊場を札所といいます。現在では札を打ち付けることは禁じられており、納札(おさめふだ)をお堂に設置されている納札箱に入れます。

納札(おさめふだ)について

表に年月日・住所(△△県○○区くらいでよい)・氏名を書き、裏に願い事を書きます。本堂に1枚、大師堂に1枚納めます。

四国霊場遍路・納札・白札6822

納札は6色あります。納札は100枚100円~で購入できます。巡拝が1回~4回の人は白札を使います。5回以上は緑札、8回以上は赤札、25回以上は銀札、50回以上は金札、100回以上お遍路した人は錦札を使います。納札は1番札所や88番札所近辺の売店で購入できます。お接待を受けたお礼にも使います。

納経(御朱印)について

昔は、写経した般若心経を札所に納めた証として、お寺ではお遍路さんの納経帳に「奉納・本尊名・寺名」の3種類の墨書きと、「札所番号・寺印・寺名」の3種類の朱印を押したのです。現在では写経の代わりにお経を唱えて記帳していただきます。

四国88箇所 基礎知識

納経(御朱印)にはそういう意味があることを心得て、お参りしてから納経帳に御朱印をいただきましょう。神社では初穂料といいますが、お寺では納経料といい、300円です。

御守り

四国88ケ所霊場でそれぞれの御守りもあります。ご縁を感じたところで手にするのも魅力の1つですね。

 

四国1番霊山寺・御守り6836-side

「干支の守護仏」といって、仏教では、生まれ年の干支によって守り本尊が割り当てられているそうです。1番の霊山寺は「一番さん」として親しまれているそうですし、逆打ちをした私にとっては、結願のお寺でしたので、何か霊山寺の御守りがほしくて買ったものです。

干支の守護仏を紹介しますね。
子年:千手観音菩薩(千の慈手・慈眼をそなえて、衆生を済度する。)
丑年・寅年:虚空蔵菩薩(虚空のように広大無辺の福徳・智慧を蔵して、衆生の諸願を成就させる。)
卯年:文殊菩薩(仏の智慧(般若)を象徴する。)
辰年・巳年:普賢菩薩(仏の理法・修行の面を象徴する。)
午年:勢至菩薩(智慧の光をもってあまねく一切を照らし、衆生の迷いを除き、無上力を得させる。)
未年・申年:大日如来(宇宙と一体と考えられる汎神論的な密教の教主。)
酉年:不動明王(大日如来が教化し難い衆生を救うために忿怒の姿を仮に現したものとする。)
戌年・亥年:阿弥陀如来(西方にある極楽世界を主宰するという仏。)

散華(さんげ)

四国遍路では、日本遺産に認定された記念に四国八十八ケ所霊場会が、平成28年1月1日~29年5月31日まで散華を配布しました。納経帳か掛け軸に御朱印をされた方に1枚ずつ付けてくださったのです。昨年はうるう年ということで、私たちツアー参加者には台紙もプレゼントされました。

4枚に分かれていて、讃岐・伊予・土佐・阿波の各国ごと(現在の香川・愛媛・高知・徳島県ごと)に散華を貼り、

讃岐

四国・散華・讃岐6837

伊予

四国・散華・伊予6838

土佐

四国・散華・土佐6839

阿波

四国・散華・阿波6840

 

4枚を合わせるときれいな蓮の花が咲いたようになります。

四国・散華・全体6844

 


スポンサーリンク


巡拝の作法について

四国88箇所 基礎知識

①山門で一礼します。遍路用の菅笠はかぶったままでもいいのですが、帽子は脱ぎます。お寺を出るときにも同じように一礼します。

②手水舎で手と口を清めます。ひしゃくを右手で取り、水をすくい、まず左手を清め、次に右手を清め、左の手のひらに水を受けて口をすすぎ、最後にひしゃくの柄をきれいにします。これを一杯の水で行います。この作法は神社も同じですね。

③鐘楼の鐘をついてもいいお寺では鐘を1回つきます。参拝後につくのは「戻り鐘」といって縁起が悪いとされます。お堂でお経を唱えている人がいる場合は遠慮した方がいいでしょう。

四国88箇所 基礎知識

④本堂で線香3本、ローソク1本を立てます。線香は仏様を香でもてなします。

四国88箇所 基礎知識

ローソクは心にともす智恵です。種火を置いてあるお寺もありますが、ないお寺もありますので、ライターを用意しましょう。人が立てたローソクから火をもらうことは絶対にしてはいけません。人の願いを奪ってしまうことになりますから。

⑤線香は中心から、ローソクは上の段や奥の方から立てます。いずれも後の人がやけどをしないようにという配慮です。

四国88箇所 基礎知識

 

⑥納札を納札箱に入れ、写経は写経奉納箱に入れます。四国霊場にはたいてい二つの箱が置いてありますので、まちがえないように入れてくださいね。

⑦供物料としてお賽銭を納め、合掌します。このとき、本堂の上に吊されている鰐口(わにぐち)があれば鳴らしてもかまいませんが、お経を唱えている方がいらっしゃる場合は、遠慮します。綱にそっと触れるくらいにします。

四国88箇所 基礎知識

⑧御本尊とつながる五色線や五鈷などが置いてあればぜひ触れてください。お堂の正面は後からお参りにくる人のためにあけて、左右のどちらかに寄って経本を見ながらお経を唱えるようにしましょう。

四国88箇所 基礎知識

お経を唱えられない人は、最低でも御本尊真言を3回唱えてからお願い事をしましょう。真言は本堂に書いてあります。例えば大窪寺は御本尊が薬師如来様ですので、「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」を3回唱えます。それぞれ御本尊によって真言が違います。

⑨四国88箇所霊場には本堂のほかに弘法大師を祀った大師堂がありますので、必ずお参りしましょう。

 

四国88箇所 基礎知識

大師堂でも本堂と同じ動作を繰り返しますが、御本尊真言は唱えません。やはり最低でも弘法大師の御宝号「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」を3回唱えてからお願い事をしたいですね。

お接待について

四国88箇所 基礎知識

土地の人がお遍路さんにお茶やお菓子をふるまうことを「お接待」といいます。お遍路さんは弘法大師その人であるという信仰心や、自分の代わりにお参りしてくださっているのだという考え方による風習です。


四国88箇所霊場巡礼(お遍路)についていかがでしたか?

独特の文化である四国遍路ですが、知れば知るほど奥が深いですね。
それぞれの目的である修行や供養、願いを胸に弘法大師の足跡を巡る旅がより充実したものとなれば幸いです。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  2. 夢占い 苦しい
  3. 夢占い 廃墟
  4. 夢占い ギャンブル
  5. 夢占い はしご

スポンサーリンク