開運

9月9日は重陽の節句!菊で長寿を願う食べ物や行事・開運アドバイス

重陽の節句
9月9日は、五節句のひとつとして親しまれている「重陽の節句(ちょうようのせっく)」です。菊の花が見頃を迎える時期になることから、重陽の節句は「菊」を楽しむ行事でもあります。重陽の節句についての意味や由来、菊で長寿を願う食べ物や行事・開運アドバイスについてご紹介します。







重陽の節句の意味や由来

「重陽の節供」は、美しく菊が咲く季節ということで「菊の節句」とも呼ばれ、「五節句・五節供」のひとつとして知られています。

「五節句・五節供」
・1月7日:人日の節句(じんじつのせっく)・七草の節句
・3月3日:上巳の節句(じょうみのせっく)・桃の節句
・5月5日:端午の節句(たんごのせっく)・菖蒲の節句
・7月7日:七夕の節句(しちせきのせっく)・笹の節句
・9月9日:重陽の節句(ちょうようのせっく)・菊の節句

平安時代の初めに中国より伝わり、日本では平安時代初めに宮中行事のひとつになりました。9という「陽」の数字が二つ重なることから「重陽」と呼ばれ、最も縁起が良い日とされています。

陽数が重なると災いが起こりやすく不吉だという考え方もあり、邪気を払う風習があったと言われています。重陽の節句では、菊を使った料理やお酒などを楽しみ、不老長寿を願います。

重陽の節句の菊にまつわる願い

重陽の節句では、菊酒や菊の被綿(きせわた)を使い、家族の無病息災や子孫繁栄、不老長寿を祈願します。中国で菊の花は、邪気を払う効果や長寿の効能があると考えられています。

重陽の節句の食べ物

重陽の節句の食べ物をご紹介します。

菊酒

「菊酒」は、昔から長寿を願って飲まれていました。菊酒の作り方は、焼酎などのホワイトリカーに、よく洗った食用菊の花を漬け込んでおきます。菊の香りをお酒に染みこませるため、一晩おいておきます。菊の香りを移すため、香りが強いお酒は避けましょう。菊の花びらを浮かべることで、視覚的にも楽しめます。

栗ご飯

秋に旬を迎える栗ですが、秋の収穫を祝う行事食として、栗ご飯を食べる風習があります。庶民の間では、農作物の収穫期とも重なっていることから、栗ご飯を炊いてお祝いしていました。

重陽の節句の行事

菊の花が見頃を迎える時期です。菊は「仙境に咲く霊薬」と言われており、邪気を払ってくれます。病は邪気からくると言われており、邪気を払い清め、無病息災を祈ります。菊の伝統行事をご紹介します。

菊の被綿(きせわた)

菊の被綿という日本独自の風習があります。9月8日夜に菊の花を真綿で覆って、夜露と香りを綿に移します。翌朝その綿を使って体や顔を拭くと、菊の薬効により長寿祈願をするというものです。旧暦の9月9日は、現在の10月中旬頃にあたるので、菊が咲く季節になります。

菊の開運アドバイス

健康で幸せな日々が続くことを願い、菊で邪気を払っていきましょう。

菊湯

菊は邪気を払う力をもつ霊草で、不老長寿を願い「菊湯」に入ります。乾燥したものや生の花、葉を湯船に浮かべて入ります。鍋に水と菊を入れ、煮出して抽出液を作ったものをお風呂に入れます。リラックスできて疲労回復効果もあるので、夏バテなどにも効果的です。

菊枕

菊を詰めた枕で眠ることで、菊の香りによって邪気を払うことができると考えられていました。アロマ効果を楽しみながら眠りにつきましょう。

菊祭りが有名な神社

日本各地で菊まつりや菊花展が開催されています。菊祭りが有名な神社をご紹介します。

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)(東京都)

「学問の神様」で有名な湯島天神では、文京花の五大まつりのひとつである「文京菊まつり」が行われています。艶やかな菊人形など、約2,000株を見ることができます。
[所在地: 東京都文京区湯島3-30-1 ]

亀戸天神社(東京都)

亀戸天神社には菅原道真公がお祀りされており、菅原道真公が愛したとされる菊。秋は菊まつりが開催されます。
[所在地: 東京都江東区亀戸3丁目6-1]

笠間稲荷神社(茨城県)

笠間稲荷神社では、毎年秋に開催される「笠間の菊まつり」があります。日本最古の菊の祭典で、色鮮やかな菊の花が約1万鉢飾られます。

[所在地: 茨城県笠間市笠間1]

弥彦神社(新潟県)

「弥彦菊まつり」は約4,000鉢もの作品を見ることができる、日本最大級の菊花大展覧会です。秋の風物詩として知られており、毎年11月1日から24日まで開催されます。

[所在地: 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2]

多賀大社(滋賀県)

多賀大社では、地元の愛好家が作った菊が展示されます。

[所在地: 滋賀県犬上郡多賀町多賀604]

まとめ

重陽の節句は菊の節句とも呼ばれ、菊は薬草としても用いられ、延寿の力があると言われています。秋を代表する花は鑑賞だけではなく、邪気払いなどの効能もあります。季節を感じながら、菊酒や菊湯、菊枕などを楽しみましょう。




ABOUT ME
Written by 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)