夢占い

夢占いって当たるの?!信じ過ぎるのも危険!気にしないように活用するポイント

夢占いとは

奇妙な夢やとても印象的な夢を見て、一体どんな意味があるんだろうと夢占いについて書かれた本やサイトを調べた経験を持つ人は多いと思います。でも正直、夢占いって本当なの?当たるの?そんな疑問を持つ人もいるでしょう。今回は一緒に夢占いそのものについて考えてみる事にしましょう。







【夢占いとは】

夢占いとは夢で見た内容から特別なキーワードや重要な象徴を見つけ出し、夢主の現在の精神状態や置かれた状況、あるいは今後の見通しなどを読み取るものです。

夢には記憶や脳の整理だけではなく、無意識がもたらす何らかのメッセージ性があるという考え方が前提ですが、少なくとも夢を見る自分たちの心身の状態が深く関わっている事は間違いありません。

【夢占い|フロイトとユングについて】

夢占いについて調べると、よく目にするものとしてフロイトとユングという二人の研究者の名があります。この項目では二人についての簡単な説明と、夢占いについてのスタンスを見ていきましょう。

フロイトについて

フロイトはオーストリア生まれの元は神経病理学者であり、精神医学者として現在でも精神医学、臨床心理学の分野で高い評価を受けている研究者です。心的外傷(PTSD)も含めた無意識についての研究も行っていました。

フロイトの夢についての考え方を簡単に説明するなら、『欲求不満』という言葉が当てはまるかもしれません。無意識下で抑圧された性的な、あるいは他の様々な欲求が形を変えて表れたものが夢である、というと判り易いでしょうか。

遠距離恋愛中の恋人に会う夢やダイエット中に甘いものを食べるような夢は、もっと恋人に会いたい、気が済むまで甘いものを食べたいという強い欲求が表れた夢と言えるでしょう。

ユングについて

ユングはスイス生まれの精神科医、心理学者であり、当時は不治と言われていた分裂病(統合失調症)の解明、治療に大きく貢献した研究者です。

ユングの夢についての考え方を簡単に説明すると、夢には無意識からの強いメッセージ性があり、そこから自分にとって必要な象徴を読み取っていくという事でしょうか。

例えば自分が死ぬ夢を見たからと言って、本当にその直後に自分が死ぬ事などまずありません。夢で死が暗示するのは再生や復活です。そうした象徴的な事柄から、自分の心身に何が起きているのか、これから何が起きるのかを読み取っていく手法、考え方だと思えば良いでしょう。

【夢占いは当たるのか?当たる確率は?】

夢占いは当たるのか。そう問われたなら、当たるかもしれないし、当たらないかもしれないというのが正直な話です。

見た夢に良い解釈が出ていた場合は、どんどん前向きに行動を起こす事でより占いの結果が現実に近付いて行くでしょう。

では見た夢に、あまり良くない解釈が出ていたとしたらどうするでしょうか?良くない夢が現実にならないよう、対策をしたり努力をしますよね。その結果として悪い夢が現実にならなかった、あるいはずっとマシな結果になったとしたら、それは『当たらなかった』夢占いという事になります。

つまり夢占いが当たるか当たらないかは、夢を見た私達自身の受け取り方次第、行動次第という事になるでしょう。

【夢占いは信じすぎないほうがいい?】

夢占いを気にする人というのは、良く言えば素直であり、影響を受け易い人と考えられます。それが良い方面にだけ発揮されるのであればなんの問題も無いのですが、悪い話に特に過敏に反応してしまうのが、夢占いを気にする人に多く見られる特徴かもしれません。

生活していれば色んな事があります。それこそ日々良い事があれば悪い事もあり、そうした事の繰り返しが当たり前なのですが、夢占いを気にする人というのは、夢見が悪かったから体調が優れないんじゃないか、仕事が上手く行かないんじゃないかと、自分にとって都合の悪い事、調子の悪い理由を何でも夢に結び付けて考えがちです。

しかしそれは間違いです。夢見が悪かったから体調が悪くなったり、物事が上手く行かないのではありません。忙し過ぎて体調が悪いから、心配事があったりストレスで気分が優れないから、悪い解釈となるような嫌な夢を見るのです。夢は実生活が反映された結果であり、原因ではありません。そこを勘違いしないで下さいね。

良い夢はどんどん信じて構いません。前向きな気分で行動をする事で、より長く良い運気を保たせる事が出来るでしょう。

そして悪い解釈となる夢を見た時は、その結果について思い悩む前に心身の疲労や仕事、勉強の忙しさなどを自覚し、まず体調を整える事を考えるようにして下さい。

それからトラブルや悩みを解決し、状況の改善により心身の状態も良くなれば、自ずと夢見も良くなって行くでしょう。

【夢占いを上手に活用する方法】

夢占いは天気予報や、朝の情報番組で流される星占いと同じようなものです。一日のちょっとした行動の指針だったり、何かを決めるきっかけとして活用出来るツールです。暗く見通しの悪い足元を、ほんのりと照らす灯りのようなものだと考えると判り易いでしょうか。

夢占いは何でも判る魔法ではありません。しかし今の貴方の心身の状態と、ほんの少し先を映し出す鏡にはなり得ます。夢占いの結果にただ縋るのではなく、日々を楽しく過ごすツールとして上手に活用して下さいね。

まとめ

気になる事に関して調べるのは悪い事ではありません。しかし囚われ過ぎるのは考え物です。

これは夢占いにも言える事であり、夢についてどんな意味があるのか興味を持つまでは良いのですが、あまりにも気にし過ぎて身動きが取れなくなるようでは本末転倒です。

あくまでも日々を楽しく過ごすツールとして活用してくださいね。

夢占い50音一覧
夢占い辞典50音一覧あなたの見たの内容を無料で夢占い・夢診断できます。50音一覧から探せる夢辞典。〜【夢鑑定セラピスト】の麻生真礼監修〜...
ABOUT ME
Written by 麻生真礼
【夢鑑定士】【睡眠コンサルタント】 スピリチュアルな事柄と物を書く事が大好きな学生時代を過ごす。縁あってスピリチュアル系webライターの道へ。自分の言葉やこれまでの経験が迷っている誰かの道標になればと夢占いを執筆&夢鑑定士と睡眠コンサルタント資格取得。 座右の銘:『人生苦あれば楽あり』『笑う門には福来る』『類は友を呼ぶ』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)