四国お遍路80番札所 御朱印【國分寺 】四国最古の梵鐘!御朱印&見どころ

四国80番國分寺

四国お遍路80番の國分寺は様々な伝説と重要文化財のあるお寺です。ご利益をいただくことのできる見どころも多く、お遍路さんをはじめ、多くの参拝者が全国から足を運んでいます。國分寺という名前の寺院は全国にありますが、その中でも歴史を感じることができるのが四国の國分寺です。そんな國分寺の御朱印や見どころをご紹介します。

こちらもご覧ください。
▶︎ 四国88箇所霊場お遍路|基礎知識と正しい参拝方法


スポンサーリンク


國分寺とは

四国80番國分寺・山門3804
寺号:國分寺(こくぶんじ)
山号:白牛山(はくぎゅうざん)
院号:千手院(せんじゅいん)
宗派:真言宗御室派
御本尊:十一面千手観世音菩薩

741年〜756年:聖武天皇が國分寺建立するようにと発した詔(みことのり:天皇の命令、または命令を伝える文書。)により全国各地で國分寺が建てられました。この時に創建され、千手観世音菩薩を本尊として行基が開基したといわれています。
(現在のご本尊像は当時のものではないそうです。)
810年〜824年頃:弘法大師が留錫し、伽藍やご本尊を修復したといわれています。
1573年:長宗我部の兵火に巻き込まれますが、本堂は焼失を免れました。
1901年:本堂が国宝に指定されました。

國分寺のご利益

四国80番國分寺・本尊御影
國分寺のご本尊は千手観世音菩薩です。除病・長寿のご利益が大きく、他にも夫婦円満や安産にご利益があると言われています。千手観世音は、多くの人に手を差し伸べてくれる慈悲深い仏様なのです。しかし、國分寺にはご本尊のご利益意外にも、境内のあちこちにご利益をいただける場所が設けられています。

財運アップの神様であり、女性ならキレイになれると言われている「お願い弁財天」、強い魔除け、厄除けのご利益がある「願かけ不動明王」、金箔を貼って良縁成就を祈願することができる「願かけ金箔縁結び」、同じく金箔を貼って様々な願いを叶えられるという「願掛金箔大師」とご利益が沢山いただけます。
四国80番國分寺 願掛大師

更に、山門を抜けてすぐの所に「ミニ四国八十八ヶ所」があります。1番〜88番札所のご本尊が刻まれた石像が並ぶ神秘的な空間です。ここをすべて参拝すると実際にお遍路巡りをしたのと同等のご利益が得られるといわれています。

國分寺の御朱印の特徴

四国80番國分寺・御朱印5086
國分寺ではお遍路さんや御朱印を集めている人のために、御朱印をいただくことができます。御朱印は納経所でいただくことができますが、國分寺の納経所は大師堂と一緒になっているので、通常の納経所と雰囲気が異なります。住職さんに申し出れば御朱印をいただくことができるので、いつも通り声をかけてみてくださいね。

國分寺の御朱印力強い文字が特徴です。中央の宝印は円の中にあり、千手観音の種字「キリーク」が入っています。右上の印は「四国八十番」、左下の印は「千手院」です。書いていただく人によって、特徴や見た目が変わるのは、御朱印の面白いところでもあります。
お遍路さんが御朱印をいただく場合は納経を済ませてからいただくという流れが多いです。実際にその場で読み上げてから、というこだわりを持つ人もいます。何より大切なのはご本尊に対する感謝や敬意です。心を込めてお経を読むことで、心を通じ合わせることができますよ。


スポンサーリンク


國分寺の見どころ

四国80番國分寺・本堂3801

國分寺にはいくつもの見どころがあります。まずは見逃して欲しくない見どころをご紹介します。1番の見どころは「本堂」です。重要文化財である本堂はかつての講堂を再建したものです。ご本尊も重要文化財でケヤキ一木造りであり、御開帳はされていない秘仏です。

そして大師堂は、納経所と一体になっていて、他の札所にある大師堂と異なる雰囲気を持っています。弘法大師像が高い位置に安置されているので、見上げるように参拝するのが特徴です。大師像の目をよく見るとキラキラ輝いて見えるように作られています。

四国80番國分寺・大師堂こちらが大師堂入り口の様子です。
四国80番國分寺・大師堂

境内には見事な枝振りの松が多数あるのですが、その中でも珍しいとされているのが「福松」です。大師堂のすぐ横にある松の木を見上げると、まっすぐ伸びた幹の中央にこんもりと茂った葉の塊があります。
四国80番國分寺・福松3802

それはまるで大きな鳥の巣のようです。こんな松の木を見ることができるのは、全国でも國分寺だけでしょう。とても貴重な光景です。
同じく境内には竜の形をした古木があり、そこには伝説が眠っています。この古木は「福龍」と呼ばれています。弘法大師が四国巡錫の際、國分寺のご本尊の千手観音像が損傷しているのを見つけました。そこで観音浄土に祈願したところ、天から霊木が降り授けられ、その霊木を以って尊像を造り、修法しました。福龍はその霊木の残木であると言われていて、御衣木と呼ばれています。なんとも不思議な光景です。

国分寺の梵鐘にまつわる伝説

四国国分寺 梵鐘
國分寺には梵鐘にまつわる伝説が伝えられています。この梵鐘は奈良時代に鋳造されたもので、四国最古の鐘だといわれているものです。

この鐘は香川県の百々ヶ渕に住む大蛇がかぶっていたもので、その音色が美しいことで定評がありました。しかしこの大蛇が周囲の人々に害を与えるため、弓の名人の戸次八郎が退治に向かいました。しかし鐘を被っているため、矢が当たらず苦戦したそうです。そこで、日頃信仰する國分寺の千手観音に祈願したところ、見事に討ち取ることができたのです。その時この鐘は國分寺に奉納されました。

しかし、後に高松藩主となった生駒一正は、名鐘と名高いこの鐘を勝手に持ち帰り、御城下で時を告げる鐘にしてしまいました。ところがそれ以来、高松の町には怪異が起こり、しかも鐘はかつての美しい音を響かせることはなくなりました。しかも鐘は「國分にいぬ」と鳴ったそうです。「いぬ」とは「帰る」という意味なのだとか。

これを一正は鐘の祟りと悟り、國分寺に返したそうです。すると鐘は再び美しい音を取り戻しました。ここから「自分にとって良い場所にいると、良い自分でいられる」と言われるようになりました。不思議な伝説が残る鐘を是非、見てみたいものですね。


國分寺の御朱印や見どころはいかがでしたか。歴史ある四国最古の鐘を目の当たりにすれば、歴史ロマンを感じられることでしょう。また願い事に合わせてご利益をいただける仏様、神様が安置されているので、心を込めてお祈りしてみましょう。見どころ満載の國分寺ではつい長居してしまいそうですね。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 四国八十八箇所霊場お遍路巡り一覧まとめ

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い ギャンブル
  2. 夢占い はしご
  3. エンジェルナンバー 222
  4. 寝ながら 瞑想
  5. パワーストーン【水色編】カラー別の意味や種類・選び方について

スポンサーリンク