ことわざ

【自然の座右の銘】ことわざ一覧|疲れた時に元気が出る!開運のヒントとは

自然,ことわざ
疲れたときには言葉から元気をもらうことがあります。言葉は波動であり、よい言葉は一瞬にして自分の波動を上げてくれます。逆にネガティブな感情を感じて書いた言葉・言った言葉は元気を奪ってしまうでしょう。言葉を見るとその人の出している波動が反映されています。ネガティブな波動は受け取らないようにし、ポジティブな言葉を意識していきましょう。今回は疲れたときに元気がでることわざをご紹介します。







疲れた時に元気が出ることわざ一覧

疲れた時にことわざから気付きを得て、癒しにつなげていきましょう。

雲の上はいつも晴れ

「雲の上はいつも晴れ」は、空が雲に覆われていても、雲の上はいつも青空です。例え、今困難な状況であっても、乗り越えていくことでいつかは好転していきます。この状況をクリアすることで未来は明るいと信じていれば、諦めることなく乗り越えることができるでしょう。明るい未来をイメージしながら進んでいくとよいかもしれません。

三月の風と四月のにわか雨とが五月の花をもたらす

「三月の風と四月のにわか雨とが五月の花をもたらす」は、西洋のことわざです。風が吹く日や雨が降る日があるからこそ、五月に美しい花を咲かせることができます。成功している姿は華やかに見えますが、その過程ではさまざまなことを乗り越えてきたからこその結果です。どんな状況でも目標を見続け、さまざまなことを乗り越えて力に変えていきましょう。

案ずるより産むが易し

「案ずるより産むが易し」は、物事はあれこれ心配するより実行してみれば、意外と易しいこともあるという意味です。新しいことをする前は色々と考えて心配することも多いかもしれません。しかし、やってみると意外と容易くできることがあります。何かを始める前にいろいろと考えてしまい疲れたら、このことわざを思い出してチャレンジしてみましょう。

千里の道も一歩から

「千里の道も一歩から」は、千里ほどもある遠い道のりであっても、まずは始めの一歩を踏み出すことが大切という意味です。どんな物事でも大きな物事を成し遂げるには、身近なところから着実に始めていくことが大切になります。一歩踏み出し、努力を重ねていくことで、大きな成功を掴むことができるのです。毎日の積み重ねで、着実に進めていきましょう。

失敗は成功のもと

「失敗は成功のもと」は、失敗するとその原因を反省し、方法や欠点を改善していくので、かえって成功に近付くことができます。失敗することはよくないとするのではなく、失敗を学びに変えて、よりよい方法を見つけていくこともできるのです。このように、失敗をすることで力に変えていくことができます。成功している人は失敗も多くしていることが多いでしょう。

明日は明日の風が吹く

「明日は明日の風が吹く」は、先のことを案じても始まらないので、成り行きに身を任せて生きるのがよいという意味です。あまり気にしても仕方がないこともあります。物事を必要以上に深く考え過ぎないで、流れに身を任せていくとよいでしょう。

良い花は後から

「良い花は後から」は、初めに咲く花より、後から咲く花のほうが美しいという意味です。急ぐことはないという意味でもあり、焦って行動してしまうよりも落ち着いて行動した方が、結果がよくなることがあります。目先のものに飛びつくのではなく、本当にいいものを手にするためには待つことも大切かもしれません。何事も優れたものは、時間をかけなければできないということを教えてくれます。

蟻の思いも天に届く

「蟻の思いも天に届く」は、弱いものでも懸命に努力をすれば、必ず思いは叶えられるという意味です。一心に努力して願うことが大切です。自分の信念を持ち続け、一生懸命努力していくことで希望を叶えていきましょう。

笑う門には福来たる

「笑う門には福来たる」は、いつも笑いが絶えない家には自然と幸福がやってくるという意味です。笑顔でいることで、笑顔になるような出来事が引き寄せられます。笑顔は時間も場所も選ぶことなく、誰でも今すぐできること。常に笑顔でいることを心掛け、たくさんの幸運を引き寄せましょう。

魚心あれば水心

「魚心あれば水心」は、魚が水に対して好意を持てば、水も魚に好意を示すという意味です。人との付き合いも好意を持って接すれば、相手も応じてくれるという例えになります。これは、相手の出方次第でこちらにも対応の仕方があるともいえます。親切にすることで、相手も親切にしようと思うのです。逆に苦手だなと思うと、相手も苦手と思っている可能性が高いでしょう。このことわざからも、よい関係を築きたい相手には好意を持って接すれば、相手も好意を示してくれるといった、お互い調和のとれた関係を築くことができます。

まとめ

ことわざはさまざまな気付きを与えてくれるでしょう。その時々の状況に応じて、感じ方や気付きも異なってくるかもしれません。ひとつのことわざについてじっくり考えてみるのも面白いかもしれませんね。

ABOUT ME
Written by 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)