パワースポット

豊かな自然と伝説が残る街!アイルランドの観光スポット5つ

アイルランドの観光

アイルランドといえば日本と同じ島国という親近感と雄大な自然をイメージしますね。ひっそりと自然に癒されたいと思って訪れる観光客も多いです。

そんなアイルランドには期待を裏切らない見どころ満載の観光スポットがあります。日常の生活からちょっと離れて、アイルランドの自然を満喫する旅に出てみませんか?







ジャイアンツ・コーズウェイ

アイルランドの観光
アイルランドと言ったらここを見ずには語れない世界遺産にもなっている観光スポットです。約8キロにわたって続く切り立つ海岸線を、六角形の玄武岩の石柱群が覆い尽くすジャイアンツ・コーズウェイは別名巨人の石道とも呼ばれています。

まるで人の手が造ったかのような景観は自然の神秘を感じずにはいられません。アイルランドの伝説の巨人フィン・マックールにちなんでいて、彼が対岸のスコットランドの巨人と戦いに行くために作った伝説や、スコットランド北西のヘブリディーズ諸島に住む巨人の女性に恋をし、彼女をアイルランドに渡らせるために作ったなど様々な伝説が伝えられています。

不思議なのは4万にも及ぶ石柱のほとんどが綺麗な六角形をしていることです。中には高さおよそ12メートルの石柱が何本も整然と並ぶ「巨人のオルガン」、ブーツの形に浸食された「巨人のブーツ」など、巨人伝説に因んで名づけられた造形物が点在しています。伝説を聞いては観光客の気分を盛り上げるスポットです。小人になった気分で巨人の国を探検できる人気の観光スポットです。

キャリック・ア・リード吊り橋

アイルランドでジャイアンツ・コーズウェイと並んで人気がある観光スポットがキャリック・ア・リード吊り橋です。ずっと長めの良い海岸沿いの道を走っていると途中に現れる長いつり橋です。ここは死ぬまでに渡りたい吊り橋に登録されるほどスリリングな体験ができます。

アイルランドのガイドさんも「何が起きてもレスキューが出動するから安心です」という不安をあおるような案内をする始末。20メートルあまりの吊り橋ですが、存在する場所は断崖絶壁の海の上です。少しでも風が吹けば足元はグラグラと容赦なく揺れます。海面からの高さは30メートル、この恐怖はタダモノではありません。

しかし渡りきった後にはご褒美ともいえるアイルランドの絶景が待っています。対岸の小さな島、キャリック島は、アントリム海岸を眺める絶景ポイントで観光客に人気です。足をガクガクさせながらも観光客が絶えない観光スポットです。

絶景を楽しんだら同じ吊り橋をもう一度渡らなければいけません。帰り道はそれしかないのです。チケット売り場では無事に戻ってこれたら「橋を渡った証明」を発行してもらえますよ。記念に訪れておきたい観光スポットです。

ダンルース城

北アイルランドの更に北部にある古城で観光スポットになっています。14世紀以前に建造され、もともとは要塞として使われていたようです。外敵が侵入しにくい切り立った岩壁の上に建てられているので、何者も寄せ付けない重厚な雰囲気も観光のポイントです。

17世紀ごろには、当時の領主だったスコットランド貴族マクドネル家の居城として改築されましたが、現在は建造当初の要塞の様子が再現されています。アイルランドの中でも古い城なので長年の波風によって日々風化が進んでいます。城のいたるところで天井や壁が崩れて、外壁や道のみが残されているような有様です。

それはアイルランドの地でしか味わえない厳しい自然を物語っているようです。高い石壁に開いた大きな穴が入口です。メインホールから海側に進むと、もうひとつの塔があり、こちらは比較的建物の保存状態が良く、塔の上の方まで階段で登ることができます。

塔の上から城の外を眺めると切り立った直角の岩壁に打ち付ける波、大小さまざまな溶岩石のころがる海辺、地上に広がる一面の草原を一望することができます。アイルランドの自然と歴史を感じることのできる観光スポットです。

キルメイナム刑務所

アイルランドのダブリンの西にある刑務所はアイルランがイギリスから独立する歴史に深く関わっている観光スポットです。イギリスからの独立をめぐって起こったイースター蜂起の際には多くのリーダーが収監・処刑され、その後内戦の際にも使われたアイルランドを語る上では欠かせない場所なんです。

現在ではミュージアムとして一般公開され、激動の歴史を知るために多くの観光客が訪れます。イースター蜂起のリーダーたちは、後の首相エイモン・デバレラを除いて全員がこの刑務所で処刑されました。その中の1人、ジョセフ・プランケットがこの刑務所内のチャペルで処刑の3時間前に結婚式を挙げたことはアイルランドでは有名な話です。

冬至のアイルランドは貧しい国だったので日々の食べ物や寝る場所を探して人々がここに集まったそうです。ひとつの独房には5人ほどが収容され、一本のろうそくで2週間を過ごさねばならなかったともあったそうです。この刑務所で意外だと思ったのは、要人たちは意外にもまともな扱いを受けていたということです。

その代表格が、19世紀末のアイルランドの政治指導者スチュワート・パーネルでした。アメリカ海軍提督の孫であり、イギリスのチューダー王朝の血筋だったために無下に扱うことはできなかったとされています。訪れると様々なことを考えさせられる場所ではありますが、一度は観光に訪れておきたいスポットです。

モハーの断崖

アイルランドを訪れる人の中には「厳しくも美しい自然の生み出した圧巻の風景を見たい」という観光客が多いんです。そういう観光客におすすめなのが、アイルランドの西部クレア県に位置するモハーの断崖です。大西洋に臨む高さ約120メートルの崖はアイルランドでも人気の高い観光スポットです。

断崖という過酷な場所なのにアクセスの良さがより人気を呼んでいます。また、映画「ハリーポッターと謎のプリンス」にも崖の姿が登場していますので、ファンにはたまらない観光スポットといえるかもしれませんね。

崖は大きく分けて「オブライアン塔のあるコース」と「長く続く崖沿いを歩くコース」に分かれます。オブライアン塔のあるコースはメインの塔とそこから見える景色をゆっくり見て回り、写真を撮っても30分程度で回れます。長く続く崖沿いを歩くコースは時間がかかります。

進むごとに微妙に変化する美しい景色を楽しみたいのであれば時間をたっぷりと確保するのがおすすめです。アイルランドの自然を身体全体で感じることのできる観光スポットです。

まとめ

アイルランドの人気観光スポットはいかがでしたか。

巨人の住むとされた場所から、死ぬまでにわたっておきたいつり橋、アイルランドの歴史を感じずにはいられない建物など多種多様な観光スポットから目が離せません。

アクセスがしやすい場所も多いのでアイルランド旅行はおすすめですよ。観光地っぽくない秘境にいくのも楽しいですね。

▶︎世界おすすめ観光スポット・絶景まとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)