人間関係

【価値観の違い】を乗り越える5つの方法*ストレスなくいられるシンプルなコツ

価値観の違い,乗り越え方
育ってきた環境や経験などによって価値観が随分と異なることがあります。価値観の違う人と一緒にいると居心地が悪く感じ、価値観の似ている人と一緒にいると居心地が良く感じます。価値観が違っている場合はどうやって付き合っていくと夫婦関係や恋人、仕事、友達、お金などスムーズにいくのでしょうか?

価値観の違いを乗り越える5つの方法をご紹介しますね。







価値観の違い①相手の価値観を受け入れる

価値観が違って当たり前と思うことで、相手の価値観を受け入れることができるでしょう。価値観が違うと、相手のことが理解できなかったり、自分の価値観を押し付けたくなったりすることがでてくるかもしれません。

それぞれ大切にしていることなので、相手の価値観を「そういうことを大切にしてるのね」という気持ちで受け入れていくといいでしょう。受け入れるといっても自分の価値観を捨てることではなく、相手の価値観があることを理解することです。

相手の価値観をお互いに否定してしまうと、そこでトラブルになったり喧嘩になったりしてしまいます。「この人には理解してもらえない」と思うと2人の間で距離がでてきてしまいます。夫婦や恋人など近い関係性の場合は、より価値観を否定してしまうと別れにつながってしまうこともあるでしょう。

価値観のズレを感じるとストレスになってしまいますが、相手の価値観を受け入れることで相手そのものを受け入れていくことにつながりますよ。

価値観の違い②話し合ってルールを決める

価値観の違いで、どうしても嫌で譲れないことは相手に伝えてみるといいでしょう。片方だけが我慢する関係では長く続きません。お互いにストレスなくいられるように、話し合ってルールを決めていくのもよいでしょう。

人それぞれ価値観が異なるのでそれが嫌になると喧嘩になったり、疎遠になったりします。特に夫婦や恋人、友達と近い関係ほど甘えがでてくるので、価値観の違いが「自分のことを分かってもらえない」、「自分のことを受け入れてもらえない」といった感覚になりやすいでしょう。

育った環境が違うのだから価値観が違っていて当然と思い、お互いに「こういう風に育った」ということを話し合ってみると、分かり合えることもでてくるでしょう。自分一人で判断して決めつけるのではなく、価値観の違いは話し合いをすることで関係性がより深まることもありますよ。

また古い価値観を捨てて、2人の価値観を作ることもできます。本音で言い合える関係を築いていけるといいですね。

価値観の違い③価値観の違いを利用する

人それぞれの価値観がありますが価値観が違うからこそ、色々な意見を出し合うことができることもあります。自分と似た価値観の人だと話がスムーズでいいこともありますが、幅が広がっていきません。

価値観が違う人とは意見がぶつかることが多くあり、ストレスを抱えることもありますが、色々な視点で物事を見るきっかけにもなります。特に仕事の場合は、価値観の違いを上手く取り入れていくことで、よりよい結果に結びつくことがでてくるかもしれません。

仕事だからこそ割り切って、価値観の違いをいいように利用してみるといいでしょう。「こういった見方があるんだ」、「こういった考え方があるんだ」と思うことで、今まで気付かなかったことに気付くことができるヒントになるかもしれませんよ。

別の考え方を取り入れることで、また違った展開になっていくこともあるので、価値観の違いを利用できるといいですね。

価値観の違い④お互い歩み寄る

どちらかが妥協すると一方だけが我慢してしまい、ストレスを抱えてしまうことになります。お互いに相手を思いやる気持ちが大事です。食い違った意見を言うことを恐れることなく自分の意見をはっきりと伝え、相手の意見もきちんと聞いていくことも大切ですね。

今までの人生を自分の価値観で生きてきているので、人は自分が一番正しいと思っています。だからこそなかなか人の価値観が違いすぎると、すぐに受け入れることができないことも多いでしょう。お互い歩み寄り、一つの意見として尊重できるようになると、価値観の違いでストレスになることも少なくなるでしょう。

歩み寄ることで表面的には違ったことでも、根本的な考え方が同じ場合もあります。自分で勝手に判断して否定や批判をするのではなく、時間をゆっくり取って話し合ってみると、分かり合えることもでてくるかもしれません。

価値観の違い⑤相手の立場になって考えてみる

自分以外の人の価値観で物事を見ることはありません。だからこそ、ぶつかることや理解できないことがでてきてしまいますが、相手の立場になって考えてみることで理解できることもでてくるでしょう。

相手の価値観で物事を見てみるといいかもしれません。また、その価値観を持つようになったきっかけなどを相手に聞いてみると「なるほど!」と理解できることがあるかもしれませんよ。

まとめ

価値観が違う!と思って距離をとってしまうのではなく、相手の価値観をなぜそのような価値観になっているのか考えてみるといいでしょう。完全には理解して受け入れることができなかったとしても、お互い理解しようとする姿勢が大切かもしれませんね。

ABOUT ME
Written by mapy
20年前よりスピリチュアルなことに興味を持ち、数秘術・心理学・西洋占星術・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタル・風水・アロマテラピーなどを学び資格取得。さまざまなアプローチを通して女性対象にカウンセリングを行っています。今までの経験を活かして多くの方の気付きのきっかけになり、人生がより豊かに楽しくいられるような記事を提供できればと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)