スピリチュアル

八咫烏とは?伝説や三本足や勝利を導くシンボルのお守りについて

八咫烏
三本足のカラスとして知られる「八咫烏」(やたがらす、やたのからす)は、日本神話に登場する”導きの神”と言われています。

鳥類のなかで最も知能が高いと言われている「八咫烏」について詳しくご紹介しますね。







八咫烏とは?

「八咫烏」の”咫(アタ)”とは”長さの単位”で一咫=約18cm、”八咫”は、”大きく広い”という意味になります。通常のカラスよりも大きく、足が3本あるのが特徴ですよ。

「八咫烏」は、”導きの神”として信仰されています。太陽神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)の遣いと言うことから、身体は太陽のように光り輝き、太陽の化身とも称されています。

八咫烏の神話や伝説

日本神話(古事記/日本書記)では、神武天皇が神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイハレビコノミコト)と呼ばれていた頃、熊野から大和の橿原(かしわら:現在の奈良県)に進入しようとして山中で道に迷ったときに道案内をし、天皇の勝利に貢献したのが「八咫烏」です。

奈良県のキトラ塚古墳(7世紀末~8世紀)の壁画にも太陽と共に、三本足の烏の八咫烏が描かれています。

八咫烏の3本足について

「八咫烏」は太陽の化身で、3本の足がありいくつかの説がありますよ。3本の足は、「天(天神地祇)」「地(自然環境)」「人」を表していると言われています。

また、熊野本宮大社の主祭神である家津美御子大神(けつみこのおおかみ)のご神徳である「智」「仁」「勇」の三徳を表しているという説があります。

八咫烏が祀られている神社

八咫烏が祀られている神社、八咫烏のお守りがある神社をご紹介しますね。機会があれば参拝してみるのもいいですね。

熊野の神社(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)

「八咫烏」は、熊野の神社(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)で、神の使いである「ミサキ神」として奉られています。熊野神社で奉られている神様「素盞鳴尊(スサノオノミコト)」に遣えています。熊野三山を訪れた際には、熊野の神々の使いである八咫烏の姿をたくさん見受けることができるでしょう。

八咫烏大神

神の使者とされた「八咫烏」は八咫烏大神の御祭神として祀れています。心願成就に「導く」というご利益があり、神武天皇を正しい道に導き勝利に導いたことから、「厄除」「交通安全」「必勝祈願」にもご利益があると言われていますよ。

下鴨神社 (賀茂御祖神社)

京都にある下鴨神社(しもがもじんじゃ)には、「賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)」の母である「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」と祖父の「賀茂建角身命(かもたてつぬみのみこと)」が祀られています。賀茂建角身命の化身が「八咫烏」であるとされています。

下鴨神社では一回500円で”八咫烏みくじ”を引くことができますよ。少し変わったおみくじで、八咫烏のモチーフの中におみくじが入っています。おみくじを引いた後は、そのまま飾ることができるようになっていますよ。参拝者の将来を”良い方向へ導くことを祈る”おみくじになっているので、参拝する機会があれば引いてみるといいかもしれませんね。

烏塚神社

愛知県にある、烏塚(からつか)神社にも御祭神として、「賀茂建角身命(かもたてつぬみのみこと)」が祀られています。スポーツの勝運や勝運などのご利益がありますよ。

新宿熊野神社

東京にある、新宿熊野神社では御祭神として、「櫛御気野大神(くしみけぬのおおかみ)」と「伊耶那美大神(いざなみのおおかみ)」が祀られています。こちらの神社では、「八咫烏(やたがらす)」のお守りがあり、勝負運の御利益があるとされますよ。なでしこジャパンを勝利に導いたと言われている八咫烏で有名な神社です。

神社所在地

【熊野本宮大社】〒647-1731和歌山県田辺市本宮町本宮
【熊野速玉大社】〒647-0081 和歌山県新宮市新宮1
【熊野那智大社】〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
【八咫烏大神】〒633-0234 奈良県宇陀市榛原高塚42
【下鴨神社 (賀茂御祖神社)】〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59
【烏塚神社】〒441-8006 愛知県豊橋市高洲町烏塚57
【新宿熊野神社】東京都新宿区西新宿2-11-2

八咫の火祭り

毎年8月に行われている「八咫の火祭り」は、「八咫烏」が正しい道に導いたということから”人々を幸福に導く”と言われています。熊野本宮大社本殿での神事のあと、「炎の神輿」とともに和ろうそく(約250本)迎え火の中を進んで行き、旧社地・大斎原(おおゆのはら)に向かいます。

平安衣装に身を包んだ女性や、神輿を担ぐ男性、山伏など総勢約70人からなる厳粛な時代行列とともに、厳かに進んでいきますよ。八咫烏の3本足の説でもあった、「地」を象徴する奥熊野太鼓の力強い音が地響きとなり、「人」を象徴する八咫踊りがあります。その後、「天」の夜空に広がる花火でフィナーレを飾る1999年から続く年に一度のお祭りです。

火祭りの流れ

・炎の神輿・時代行列    
・奥熊野太鼓         
・熊野八咫踊り・八咫花火  
 

八咫烏のお守りについて

熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)には、八咫烏関連のお守りやおみくじがあります。熊野本宮大社、熊野速玉大社では、「サッカー守」があり、スポーツをしている人にとっては心強い勝利に導いてくれるお守りでしょう。

熊野那智大社では、八咫烏が描かれた「勝守」があり、物事を良い方向に導いてくれ、勝負事に良いとされているお守りがありますよ。ここぞ!という時には、八咫烏のお守りで導いて頂くのもいいかもしれませんね。

まとめ

日本サッカー協会のシンボルマークとして有名な「八咫烏」。勝利を導く守り神として採用されています。物事を良い方向へと八咫烏のお導きにより運んでいってくれるのでしょう。

勝運や良いお導きを頂きたい方は、八咫烏がお祀りされている神社に参拝されるのもいいかもしれませんね。

ABOUT ME
Written by mapy
Written by mapy
20年前よりスピリチュアルなことに興味を持ち、数秘術・心理学・西洋占星術・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタル・風水・アロマテラピーなどを学び資格取得。さまざまなアプローチを通して女性対象にカウンセリングを行っています。今までの経験を活かして多くの方の気付きのきっかけになり、人生がより豊かに楽しくいられるような記事を提供できればと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)