【夢占い】酔う・酔っ払うが出てくる9つの意味とは

【夢占い】酔う・酔っ払うが出てくる9つの意味とは

夢占いで酔う事や酔っぱらう事は自制心を失ってしまったり、責任やプレッシャーから逃げたいという思いを表しています。酔う、酔っ払う事で失態を犯す事が多いからか、夢占いの解釈でも多くは凶兆を意味します。酔う夢から貴方は何を学び取るのでしょうか?


スポンサーリンク


【吉兆の夢占い】

酔っ払いを介抱する

酔っ払う人というのは自分で自分の面倒が見れなくなる事が多いので困りものですね。酔う事で一人で歩く事もままならなくなったり具合が悪くなる、寝てしまうなどしてしまった人を介抱していたなら、夢占いでは日頃から貴方が人に対して親切だったり優しい性質である事を意味しています。

特に酔っ払って介抱していた相手が友人や知人だった場合、働き過ぎだったり疲れているようであると、普段から相手の事が気になっていたのかもしれません。介抱していた相手に対して、現実でも優しく接してあげて下さい。そうした貴方の優しさや気遣いが、きっと相手のストレスや疲れを緩和してくれるでしょう。

全く見知らぬ相手が酔う事で人事不省になったりして貴方が介抱していた場合も同様の夢占いとなります。見知らぬ人にも変わらず親切に優しく接する事を心掛ける事で、運気が開ける事を夢占いは教えてくれています。


スポンサーリンク


こちらの記事もぜひご覧ください。
▶︎ 【夢占い】感情・行動の夢まとめ一覧
▶︎ お酒の夢

【凶兆の夢占い】

乗り物に酔う

酔うといっても、何もアルコールに酔うとは限りません。乗り物に酔う人は、旅行やちょっとした移動にも一大決心が必要になりますね。そのように電車やバスなど乗り物に酔うのは、運気が低下している事を意味する夢占いとなります。トラブルや問題に巻き込まれて、物事が思うように進まない可能性が高くなっていますので注意が必要です。面倒事や厄介事には首を突っ込まず、地道に努力を積み重ねなさいと夢占いは教えてくれています。

悪い酔い方をする

お酒を飲んで酔うとしても、おしゃべりになったり笑い上戸になったりと陽気になるタイプは、隣に座ってしまうとちょっぴり面倒くさいかもしれませんがまだ良い方だと言えますね。酔うと怒りっぽくなったり愚痴や悪口が止まらなくなる、誰かに絡む、体調が悪くなるなどの悪い酔い方をしていた場合、夢占いでは健康運が低下している事を意味しています。実際に内臓や消化器官に何らかの疾患が隠れているかもしれません。特に自覚症状などが無いとしても、何もなければそれで良しという事で、早めに健康診断などを受けて健康チェックをする事をお勧めします。

悪酔いして暴れる

悪酔いの最悪のパターンが、酔った上で暴れるという事ではないでしょうか。酔いが覚めた後でまだ自分のしでかした事を覚えていたなら反省を促す事も出来ますが、こういう人に限ってお酒の席は無礼講だとか言って何も覚えていないか、あるいは覚えていないフリをして責任逃れをしているものです。そのように悪酔いした挙句に暴れるような場合、貴方がかなり現実で抜き差しならない状態にある、追い詰められている事を意味する夢占いとなります。仕事や企画などの責任者になってしまい、過大な責務とプレッシャーにダウン寸前なのかもしれません。仕事をこなす事は大事ですが、こなし終える前に貴方自身が倒れてしまっては元も子もありません。しっかりと休む時は休む事も仕事のうちと考え、上手に休息を取りなさいと夢占いは教えてくれています。

酔っ払って介抱される

貴方自身が酔っ払う羽目になってしまい、自分で歩けなくなってしまったり具合が悪くなって誰かに介抱されていた場合、夢占いでは今の貴方が人恋しいと感じている事を意味しています。進学や就職、異動に伴う転居などで親しい友人や家族と離れてしまい、寂しい思いをしているのかもしれません。独りぼっちでも平気という人は意外と少ないもの。大勢で無くてもいいけど、気心が知れた友人が身近に欲しいと考えている人はきっと傍にいます。変に隠したりせず、一人でいるのは寂しいから友達になってと、気になる相手に声をかけてみてはどうでしょうか。素直な前向きさが運気を開けると夢占いは教えてくれています。

酔っ払いを目にする

駅のホームや公園のベンチなどで、酔っ払いがひっくり返って寝ていたり、座り込んでいたりするのを見た事がある人は多いのではないでしょうか。そんな風に何らかの形で酔っ払う人を目にしていた場合、対人運が低下している事を意味する夢占いとなります。扱いの難しいトラブルや問題の解決を、第三者から持ち掛けられる事になるかもしれません。それだけでも頭が痛い思いをしそうですが、面倒だからと適当な応対をしていると貴方自身の評価まで悪くなってしまう可能性がありますので注意が必要です。人様の相談事には誠心誠意向き合ってあげて下さいね。

誰かが酔っ払う

貴方以外の誰かが酔っ払う場合、夢占いでは酔っ払うその相手が大きな精神的ストレスにさらされている事を意味しています。父親なら父親、友人なら友人、恋人や好きな人が酔っ払う場合は、恋人や貴方の好きな人が大きなストレスを抱えて悩み苦しんでいる可能性が高いと言えます。仕事などに関わる事などだと第三者には出来る事が限られますが、例えば和やかな雰囲気で話し相手になってあげたり、愚痴を聞いてあげるだけでも少しは相手の気持ちが楽になるかもしれません。根本的な問題の解決にはなりませんが、出来る範囲で出来るだけの事をしてあげなさいと夢占いは示しています。

酔っ払いに絡まれる

自分一人だけで誰も相手にせずに酔っ払うか、あるいは自宅飲みで酔っ払うならまだしも、居酒屋などで酔っ払った挙句に他人に絡む人は困りものですね。そんなはた迷惑な見知らぬ酔っ払いに貴方が絡まれていた場合、夢占いでは実はその酔っ払いは貴方自身の象徴であると考えられます。酔っ払い、アルコールの勢いを借りて見知らぬ誰かに思わず絡んでしまうほど、貴方は本当はもっと誰かとつながっていたい、周囲の人と親しくなりたいと考えている事を意味する夢占いとなります。だからといって周囲から声をかけられるのを待っているのではいつまで経っても状況は変わりません。貴方の方から積極的に行動し、新たな人間関係や友人の輪を広げていく事で運気が開ける事を夢占いは教えてくれています。但し人恋しく寂しい気持ちになっている時期ですので、そうした隙をついて来る詐欺や悪い誘いに引っかからないように気を付けて下さいね。

【吉凶に分かれる夢占い】

自分が酔っ払う

自分自身がお酒を飲んで酔う場合、今の貴方が悩みや問題を抱えていて、そこから目を逸らしたい、逃げ出してしまいたいと感じている事を意味する夢占いとなります。

気持ち良く楽しいお酒でほろ酔いくらいなら、貴方の中にある前向きさはまだ失われていません。疲れた心と身体を、夢の中で気分良く酔う事で晴らすのも大人の対処の仕方と言えるでしょう。諦めずに努力を続ける事で、事態が好転し問題も解決へと向かう事を夢占いは教えてくれています。

但し酔うにも限度があり、悪酔いして暴れていたりした場合は運気の低下を暗示する夢占いとなりますので注意が必要です。夢の中でもお酒は飲んでも飲まれないよう気を付けて下さいね。


酒は百薬の長と昔から言われ、適量を飲む分には健康増進や食欲増進に一役買ってくれるのですが、お酒に強い人などは底なしに飲み続ける人もいて、結果として酔っ払う事になり人に迷惑を掛ける事も少なくありません。そうした傾向が夢占いにも少なからず反映されていると言えるでしょう。

こちらの記事もぜひご覧ください。
▶︎ 【夢占い】感情・行動の夢まとめ一覧
▶︎ お酒の夢

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  2. 夢占い 苦しい
  3. 夢占い 廃墟
  4. 夢占い ギャンブル
  5. 夢占い はしご

スポンサーリンク