松尾芭蕉が服部半蔵ではないかと言われる都市伝説の理由5つ

松尾芭蕉は服部半蔵!?知られざる5つの都市伝説

松尾芭蕉が服部半蔵であると言う都市伝説を聞いたことはありますか?

松尾芭蕉は有名な俳諧師(はいかいし)として知られていますが、その俳諧師であったことと作品以外についての残されている明確な記録も多くなく、結構謎がある人物なのですが、そのことが「とある人物と同一人物であるのではないか?」と言う都市伝説を生んだのです。

その松尾芭蕉と同一人物なのではないかと言われる人物こそが、言わずと知れた徳川に使えた有名な忍者、服部半蔵です。

そんな松尾芭蕉と服部半蔵がどうして同一人物であると言われているのかを今回はご紹介したいと思います。


スポンサーリンク


①「おくのほそ道」踏破距離

Basho
Basho / Aries Tottle

松尾芭蕉と服部半蔵を結びつけて考えられた理由の一つが「おくのほそ道」で松尾芭蕉が歩いたとされる距離にあります。

おくのほそ道は松尾芭蕉が旅して書いた有名な著書ですが、その著書での歩いた距離を計算すると松尾芭蕉は1日に12里、48キロも歩いています。

松尾芭蕉は当時46歳であり、交通機関が確立していないで歩くことが普通の時代であったとしても松尾芭蕉は並の体力では到底不可能な距離を1日あたりで踏破しています。

いまいち1日に48キロ歩いたのがどれだけ凄いことなのか分からない人は、普通の人が歩くと「9時間半歩きっぱなしになる」と考えてみて欲しいです。しかもこの距離を当時の平均寿命が50歳と言われている中、46歳の人が歩いたわけです。

どう考えてもこれは普通の生活をしていた人ではありえない話であると分かってもらえるかと思います。

そうした尋常ではない脚力を実につけるだけの特殊な訓練を松尾芭蕉はしていたと考えることが出来、「物凄い忍者だったのではないか?」「この時代に生きていた凄い忍者と言えば服部半蔵ではないか?」とつながったわけです。

②関所をフリーパスしたような痕跡


松尾芭蕉のおくのほそ道に関する不可解なところは歩けた距離も異常である事ながら、松尾芭蕉が生きた時代が日本の歴史の中でも類を見ないほどの交通規制が厳しい時代であったのに松尾芭蕉が歩ききった所も異常です。

江戸時代の関所は奉行所や城に奉公している人物で、その人の顔を誰もが知っていようとも、公式に出された通行手形や文書を必要とする場所もあり、一般人は申請書類を出したところで通れない関所もあったのですが、松尾芭蕉は最高厳重な関所も通ったであろう痕跡があります。

明確な理由無しには公務員でさえ通行許可が下りないところを「俳句を読み歩く旅」なんて怪しげな目的で、身分の定かでない人物が厳しい関所を通過するのは明らかに不自然で、逆にそうした厳しい規制のある関所を松尾芭蕉はフリーパスに近い状態で通れる人物であったのなら、本当に職業が俳諧師(はいかいし)であったとは考えられません。

ではどうした人物であれば厳戒態勢の関所を素通りできるのかと言えば、厳戒態勢をとらせた上で、自分もそこを通る予定があった人物である可能性が浮上してきます。

その為松尾芭蕉は徳川幕府の中でも各地を回る必要性のあった重要人物であった可能性があり、諸大名の内情を探る役目や江戸の治安維持の仕事を任されていた責任者である服部半蔵だったのではないか?と言われているのです。


スポンサーリンク


③服部半蔵と徳川家康の関係から見た特異点


ここでは服部半蔵と言う人物と松尾芭蕉が同一人物であると言える理由を、服部半蔵の普通の忍者とは違った部分からご説明します。

松尾芭蕉が忍者で権力があった可能性がある理由は、おくのほそ道の踏破距離と、その道を歩くために通った関所が普通の人がすぐ通れるところではない話から説明できます。

では「服部半蔵であった」とされる理由は何かと言うと服部半蔵だけが他の忍者と戦国大名の関係とは違った関係性を徳川家康と持っていたことが上げられます。

基本忍者は戦国時代は元侍の傭兵が多かったと言われています。例えば北条家と風魔のような形が有名です。

そして忍者は裏方の仕事だけをこなす存在で「いない人」として扱うものであり、戦国大名の部下と言う扱いにはなりませんでしたが、服部半蔵は違いました。

確かに伊賀同心の支配役でもありますが伊賀同心は配下の一部門であり、徳川十六神将にも上げられ鬼半蔵の異名を取る甲冑を着て足軽を率いた武士でもあるのです。

姉川の戦い、三方ヶ原の戦いなどでの戦功も有名である彼は忍者にして武将である特異な人物であり、権力と繋がった忍者だったのです。

簡単に言えば、名前だけでなく顔も割れていて立場も明確な忍者なのに忍べていない人物であったわけです。

だからこそ服部半蔵はアンダーカバーとして身分が必要であったのです。例えば身分も立場もなく、突然理由なく各地をさすらってもおかしくない「俳諧師(はいかいし)」とか良いかもしれませんね。

アンダーカバーとしての存在を作り出すと言うのは現代のスパイでは常套手段であり、使い捨てには出来ないし、顔も割れてしまっている服部半蔵には必要。

そしてアンダーカバーは表の顔が有名であればあるほどに本業を疑われにくくなるのも道理。

俳諧師(はいかいし)ならば身分を必要とせず、あちこちを放浪しても違和感のない人物ですし、「松尾芭蕉」と言う名前で有名になれば誰も「忍者、服部半蔵である可能性」を疑わなくなります。

これが松尾芭蕉が服部半蔵であると言われる理由の一つです。

④松尾芭蕉の出身地

松尾芭蕉生誕之地 石碑
松尾芭蕉生誕之地 石碑 / smashmedia

松尾芭蕉と服部半蔵が同一人物である可能性は松尾芭蕉の出身地にも関係しています。

松尾芭蕉の出身地は近江であり、今で言う三重県伊賀市。服部半蔵は出身が実は定かではないのですが、率いたとされているのが伊賀衆と甲賀衆ですから関係性がないはずがありません。

そして面白いことに伊賀衆・甲賀衆の一部は本能寺の変の際に、本能寺近辺にいた徳川家康を安全な場所まで護衛したことから徳川幕府に召抱えられるようになったのですが、この時徳川家康を助けた一部の人だけが優遇され、その後特に徳川家康と近江の間には深いつながりがありません。

つまり、近江出身者で徳川幕府で優遇されるだけの理由があるのは本能寺の変の際に徳川家康を助けた伊賀衆・甲賀衆の一部でしかないということ。

では松尾芭蕉はどうなのかとみて見ますと、明確な身分もなく交通規制厳しい時代に諸国を巡れ、しかも住むための審査の一番厳しい江戸に近江から移り住んでおり、江戸を拠点に更に諸国へ旅をしています。

これはどう考えても相当優遇されていますし、松尾芭蕉の生まれた明確な年も、そして江戸への移動の詳しい月日も伝わっていませんから、松尾芭蕉は伊賀衆・甲賀衆の中でも徳川家康を守り、優遇された人物の筆頭候補服部半蔵である可能性があるのです。

⑤服部半蔵と松尾芭蕉はそれぞれの謎を埋めあっている


松尾芭蕉と服部半蔵が同一人物であった都市伝説が出てきた最大の理由はお互いがお互いの謎を埋めあえるからでもあります。

まず松尾芭蕉の異常なところは「常人ではない脚力」ですが、服部半蔵であるならば現代人が理論的なトレーニングを続け追いつけるかどうかのレベルの身体能力を当時の忍者が持っていたとされることからある程度説明がつきます。

そして「一般人とは思えないほどの幕府から自由を与えられていたと考えられる」点は服部半蔵の仕事が徳川幕府のために諸大名の内情を探ったり、城下の世論調査、大奥の警護などであり、江戸城下の治安を守る責任者だったことから説明できます。

逆に服部半蔵は武将としても名前も顔も知られているので忍者としての活動は殆どできず、その部下も武将の配下であり、内情を探ったり、世論調査を「服部半蔵です」「服部の部下です」と名乗っての仕事が出来たとは思えませんが別人なら話しは別。

時代劇に良くある越後のちりめん問屋とか遊び人のような、偉い人やその部下がアンダーカバーを使えば庶民に自然に混じれます。

俳諧師(はいかいし)とその弟子ならば上下関係があっても自然で、ちょっと変わったことを言っても「何か芸術的な感性なのかな?」と思ってもらえる分、不自然さも少なく、身分のある方よりも同じ庶民のほうが口も軽くなるのが当然。

加えてある程度名前が知られていて、諸国を巡っていたとしてもおかしくない立場で、表の活動もこなしておけば疑われる確率は更に下がりますから、松尾芭蕉だったら理想的です。

こうしたことから服部半蔵と松尾芭蕉が同一人物であるという都市伝説が誕生したのです。


服部半蔵と松尾芭蕉が同一人物である5つの理由いかがだったでしょうか?

勿論色々この話にも穴がありますし、疑いだしたら服部半蔵なんて忍者ですし、松尾芭蕉は俳諧師、どっちも公式データがない時代に同じ人だと疑ったのならキリがありません。

しかし可能性はあると思いませんか?

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 四国1番霊山寺
  2. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  3. 夢占い 苦しい
  4. 夢占い 廃墟
  5. 夢占い ギャンブル

スポンサーリンク